TS-520D修理

最近息子がアマチュア無線技士4級を取ったのを機に、久々にあちこちの周波数をワッチしている。しかし以前ほど出ている局が少なく、HFや144MHzのFMはそれでも聞こえるのだが、50MHzや430MHzは全く聞こえてこない。 かなり下火になったとは聞いていたがここまでとは・・・。

ところでウチにはTRIO(現KENWOOD)の古いHF機TS-520Dがある。

TS-520D

PLATEとDRIVEツマミは重いので径の大きなものに交換していた。
本機は100W機で従免も持っていたのだが、当時のJARLの保証認定に合わせて10Wに改造してある。

これは高校生の頃にバイトして買ったのだ(学校の規則でバイトは禁止だったが郵便配達は黙認だった・・・たぶん)。
ずっと実家に置いていたのだが少し前に帰省した際、邪魔だからもって行けと言われ、いつの間にか車に積んであった。 持ち帰って適当な電線をアンテナ代わりにして電源を入れてみるとノイズは聞こえるが受信は全く出来ていない。 そもそも内蔵のマーカー信号すら受信できないのだ。

ネット上で回路図を探して原因を調べた。 そして行き着いたのはVFOが出力していない事。 更にはVFOに電源が来ていない。 結局原因は装置裏面にある外部VFOコネクタ(9pinのMT管用ソケット)にジャンパープラグが刺さっていない事であった。
内蔵VFOへの電源はこのコネクタから一旦外部VFOに行って戻ってきたものを供給する様になっている。 外部VFOを接続しない場合はこのコネクタの8-9ピン間をショートする必要があったのだ。
そういえば昔はここにジャンパー用のプラグが刺さっていた気がする。 それがいつの間にか外れて、すっかり忘れていたのだ。

という事で電線の切れっ端(太さ1mmが丁度よかった)で8-9ピンをショートさせたら復活した(要は壊れてなかったのね・・・)。

TS-520D裏

TS-520Dの裏側

TS-520D裏側拡大

ジャンパーした部分の拡大。
なおリニアアンプ用コネクタ(GT管ソケット)の穴からピロッと出ているのはCWフィルターON/OFFスイッチ取付け用ジャック。

 

龍山電子商街で買ったArduino Nano

先日、韓国出張時に龍山電子商街で買ったArduino Nano(バッタ物)がPCとつながらない話を書いた。 Nanoの基板に載っているFT232RLが返すPID(プロダクトID)が0000になっているのが怪しく、ドライバーとの関連付けが上手く行かない。そこでドライバーインストールディレクトリにある*.infファイルを書換えてPID=0000としてインストールを試みた。NanoをPCに挿すとドライバーのインストールが始まったが、途中でなにやらエラー(内容は忘れた)が出て結局正常に動作はできなかった。
仕方が無いのでFT232RLの交換を決意。秋月電子から2個購入した。

FT232RL

FT232RL 念のため2個購入。
1個300円。

Arduino NanoからFT232RLを取り外す。 購入時から取付け済だったピンヘッダがあり狭い。 しかし何とか外せた。

FT232RL取り外し

FT232RLを取り外したArduino Nano

そして新品のFT232RLを再ハンダ付け。

Nano2

新しいFT232RLを取付けた。

そしてPCに挿すと、以前とは違う状態(Unknown device扱いになりFT232RLである事も認識できない)ながら依然として正常には接続できない。そこで前から疑っていたTEST端子(26pin)をGNDに落としてみる事にした。 幸い隣の25pinがAGNDなので26-25pin間をハンダでブリッジさせ、PCに挿すと正常に接続できる様になった(上の写真もよく見るとハンダブリッジが見える)。
ArduinoIDEからプログラムを書込む事もでき、修理完了である。
購入時、導電ではなさそうなスポンジに挿してあった事が原因なのかどうかは判らない。取り外したFT232RLをもう一度動作させてみたい気もするが、SOP→DIP変換基板がもったいないので少し考えてからにする。

ソルダーレジスト 手塗り

普通に自作したプリント基板にはソルダーレジストが無い。
半田の付着がどうというよりも、レジストがないとなんだかカッコ悪い。
・・・と思っていたところホームセンターで、サンハヤトの「ソルダーレジスト補修剤」なるものを見つけた。

ソルダーレジスト補修剤

サンハヤトのソルダーレジスト補修剤

これがあれば自作基板にもカッコよくレジストがぬれる!
さっそく手塗りで塗ってみた。

手塗りソルダーレジスト

ムラだらけ・・・

手塗りは難しい。3mくらい離れてみるとそれっぽいが・・

卓上ボール盤のベルト ~2~

先日卓上ボール盤のベルトを交換した件を書いたが、その後、こういうものを見つけた。

SK11 BELT

SK11 木工旋盤用ベルト

タイミングベルトではなく歯が無いベルトなので静かになる事が期待できる。
サイズは丁度良さそうだし、そもそも回転伝達用なのでOリングよりも安心感がある。
しかも専用のタイミングベルトよりも安くて2本入りなのだ。早速買って交換してみた。

SK11 BELT 交換後

ベルト交換後の写真

動かしてみると、かなり静かになっている。 そもそもプーリーには歯が無いのに純正品は何でタイミングベルトなのだろう?
とりあえず今のところ問題なく使えている。

ベルト比較

純正品と重ねてみたところ。
ほぼ同じサイズだが、木工用の方が(太さの分くらい)若干小さい。

卓上ボール盤のベルト

卓上ボール盤 HARD HEAD HDP10Aのベルトが切れた。

HDP10Aベルト

HDP10Aのベルト。
完全に切れた訳ではないが、ゴム部分が粉々になり中の糸が露出している。

ゴム部分が少しべとついており、変質しているのかもしれない。

注文しようと近所のホームセンターに行ったら意外な事に在庫があった。
こんなのが頻繁に売れるとは思えないが・・・もしかして同時期のベルトがみんな逝ってるのでは?

HDP10Aのベルト(新品)

ホームセンターに在庫があった。

なんだか色が前のと違う。耐久性アップしたのか?

ところで、その後ググって見たらこんな情報があった。
Oリングで代用でき、音も静かになったとの事。次回切れたらやってみよう。↓
http://minkara.carview.co.jp/userid/401930/car/312738/4656896/parts.aspx

 

BRAVO BST12修理 その1

子供が通っているヨットクラブの事務所に壊れたBST12が置いてあった。全く動作しないという話なのでダメ元で修理にトライする事にした。BST12はゴムボートに空気を入れるポンプであり、実は私も同じポンプを所有しているので中が見たいという本音もある。

まず、このポンプの機能としてブロアーモードとコンプレッサーモードの二つの動作をする。 空気を入れる際、最初はブロアーで効率的に空気を送り込み、ある程度溜まったところでコンプレッサーが働き出して所定の空気圧まで押し込むのだ。

そこでまず症状を確認をする。ワニ口クリップで12Vのバッテリに接続してスタートボタンを押すと、ブロアーは動作せずにいきなりコンプレッサーが動き出した。 全く動作しないと聞いていたがコンプレッサーだけは動作する様だ。

BRAVO BST12

これがBRAVO BST12の外観である。

何はともあれ中身を見てみよう。フタを空けると下の写真の様になっていた。
左下のモーターはコンプレッサ用。右の黒くて丸いものはブロアーで、ブロアー用のモーターはこの方向からは見えていない。
左側の赤いダイヤルは圧力設定ダイヤルで、黄色いパーツが圧力センサーの様だ。

Inside BST12

フタをあけるとこの通り。

ブロアーを取り外すと下の様になっており、二つに分割した上側部分の裏にモーターが少し見えている。 なお下側部分の空気の出口に小さなフラップ(白いパーツ)があり、これで空気の流れを検出して表側のマイクロスイッチ(上の写真に見えている)を押す仕組みになっている。

ブロア

ブロアーを取り外した。

ここから想像するに、次の仕組みになっていると思われる。

  1. 電源スイッチを入れると、まずブロアーが動作する(瞬間的にはコンプレッサーも動作し、直ぐに停止している様にも思える)。
  2. するとフラップが動作してマイクロスイッチを押し、風が流れている事を電気回路に伝える。
  3. ボートに空気が溜まってくると流量が減ってフラップが閉じる。これをマイクロスイッチが検出してブロアのモータを止め、代わってコンプレッサーが動き始める。
  4. ボート内の圧力が設定値に達すると圧力センサーが検出してすべての動作が停止する。

・・・この続きは後日。