RotorHazard~その2~

先日作ったRotorHazardを屋外の練習で使ってみました。

庭でTiny機を使って試した時の感触から、シールドケースにこれくらいの窓を開ければいいかなと思ったのですが・・・

思ったより感度が低く、結局は蓋を全開にしてちょうど良い程度です。

こんな感じでデータが取れます。
ほぼ問題なく取れているし取込みミスしたところは後から修正できます。

という事でいい感じに使えているのですが、PCとの間のWi-Fi回線が時々切れます。一度機体をぶつけてから発生している気もしますが単に電波状態の問題かもしません。
RoterHazard(のラズパイ)とPCの間は先日リサイクルショップにて770円で購入したWi-Fiルーターが中継しています。小型なのが気に入ってこれにしたのですがあまり強力そうには見えません。
同じ店にアンテナが3本くらい生えている強力そうなのが約900円であったのでそっちが良かったのかも。。。

家に帰って確認するとケースにペラが思いっきり当たった傷がついていましたがそれ以外に問題はなく、やはりWi-Fiルーターとの距離の問題だと思います。

次回やる時はRotorHazardとPCのなるべく中間付近にWi-Fiルーターを置いて距離を短くしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*