FRISKサイズのUSBジョイスティック

OpenStickLiteが使える様になったので、Laser加工機用に小型のジョイスティックを製作しました。

これまでLaser加工機のジョグ制御には、下の様なジョイスティックを使用していました。見覚えがある方もいらっしゃるかもしれませんが、MakerFaireではラジコンシミュレータのコントローラに使用しているものです。
今回、OpenStickLiteを使って場所を取らない小型のものを作ろうと思います。

LaserCutterController

これまでのLaser加工機のコントローラ。
ちょっと大きくて邪魔になる。

 

X-Y軸入力のスティックはジャンクのゲームコントローラーから外したものです。HardOFFで108円で買ってきたコントローラをバラしてストックしています。
これはX-Yのアナログ制御に加えスティック自体を押し込む事でボタンをON/OFFできます。今回入力デバイスはこれ一つだけで、
X-Y軸とボタン1個だけにしました。

JoysticksFromPS

PlayStation用コントローラから外したジョイスティック

 

簡単に回路を描いて・・・

LaserStickSchematic

Laser制御用ジョイスティック回路図

 

基板切削CNCで削って・・・ 

LaserStickPCB

LaserStick基板
(実は一部パターンをミスっており、この後手配線で修正しました)

 

FRISKのケースに入れました。
FRISKはケースサイズが変わるという話ですが熊本ではまだ従来サイズしか見かけません。今回使用したのも従来サイズです。

LaserStick2

フリスクケースに収納。

 

中身はこんな感じです。
PIC18F14K50はフリスクケースにピッタリ。
部品がとっても少ないです。

LaserStick3

水晶発振子周りのスペースが厳しくなってしまったので、水晶を少し浮かして取付け、更にショート防止のためカプトンテープで保護しました。

LaserStick4

斜めからみたところ

 

コンフィグはこれを書き込みました。

LaserStick Configuration

今回のOpenStickConfigLiteの設定。
入力信号はX-Y軸とボタン1個だけ。

 

またLaser加工機に取付ける為、3Dプリンタでホルダーを製作しました。

LaserStick with Holder

ホルダーと小型ジョイスティック

そして加工機に取り付け!!

LaserStick6

ホルダーと共に加工機に取付けた図。

PIC18F14K50採用で小型機器が作り易くなりました。
SOP版を使うともっと小型化できそうです。

 

動画にしてみました。 2016-10-25

 

MakerFaire TOKYO 2016終了

終わってしまいました MakerFaire TOKYO2016

今回も色々な方とお話が出来ました。 ブースに来てくださった方々、基板を購入頂きました方々、そしてMFTを開催頂いた方々、どうもありがとうございました。

また今回販売したOpenStick基板RaspberryPiモータードライバ基板は、昨年の山口ミニMakerFaireの時と比べてだいぶ多く売れました。さすが東京です。でもコマーシャルMakerとしての費用を差し引くと利益は全くありません。

ウチのブースは↓こんな感じでした。

MFT2016-1

ウチのブース

MFT2016-2

いつも通り、お子様率が高いです。

いつもながら展示していると他のブースを見る時間がなくあまり写真も撮っていません。
また宅配便で発送した荷物がまだ届いていないので購入品の写真もありません。
以下、脈絡なく掲載。

trotecのレーザー加工機。動画の前半はラスター加工で物凄く速いです。ウチの自作加工機は全く太刀打ちできません(値段を考えれば当然ですが)。

 

MFT終了後、ホテルからビッグサイトを見たらプロジェクションマッピングらしき映像が。

 

MFTとは別ですが二日目の朝、近くの公園に自作飛行機が展示されていました。

飛行機

ビッグサイト近くの公園で小型飛行機のイベントがあり
自作飛行機を展示されていました。

来年は東京は厳しそうです。山口でミニメイカーフェアが開催されるといいのですが。

 

も~い~くつね~るぅとぉ~ MFT2016

MakerFaire TOKYO 2016直前です。
出展物一式はこの前の土曜日に宅配便で発送しました。
パソコン類は手持ちなので当日ACアダプターとか忘れない様に気をつけます。

ところで熊本から参加するのはなかなか大変です(特に金銭的に)。
OpenStick基板RaspberryPiモータードライバ基板が売れたぐらいでは全く元は取れませんが、年に一度のお祭りなので目いっぱい楽しんできます。

みなさん、ぜひG-03-05に遊びに来てください。ドローンレース会場やワークショップスベースの近くです。
「ブログ見た」と言ってもらえると何かお土産があるとかないとか・・・(売切れ次第終了です)。

64bitWindowsでOpenStickへの書込みができなかった件

MakerFaire用に新たなデバイスを作っていたらOpenStickへの書き込みが出来なくなっている事に気づきました。 まずいです。 このままではMakerFaireで胸を張って照会できません。
先日Windows7(32bit)からWindow10(64bit)に変更した事が絡んでいる様です。

OpenStickへの書き込みはMybootOSというツールで行うのですが、これが下の様なエラーになって立ち上がりません。

MybootOS_Error

間違ったフォーマットのプログラムを読み込もうとしました。(HRESULT からの例外 0x8007000B) ・・・というエラーが出る。

MybootOSはC#で書いてありVisualStudio2010でビルドしています。
ググってみると、どうやらビルドする時のCPUの指定がAnyCPUになっていたのが原因だった様です。 AnyCPUってのは実行するOSが32bitでも64bitでも、それぞれに合わせたモードで動いてくれるものだそうです。ところがプログラム内からDLLを読んでいると、DLLが32bitか64bitかというところまでは面倒を見てくれないため、今回の場合アプリケーションは64biitで動作しているのにDLLが32bitだったのでエラーになっていました(Mybootではmpusbapi.dllを使っています)。
そこでVisualStudioでX86としてビルドし直すと32bitのアプリが生成され、これだと最初から32bitとして実行するので無事動作する様になりました。

という事で64bitのOS上で動かす時は32bit版のアプリを実行しなければならないという解り難い状況になっています。
いずれにせよ動作する様になったのでバイナリだけアップしておきます(ソースは変更していないので)。 

で、そもそも何を作っていたのかというと、これです。。。

ヨットシミュレータコントローラMINI

ヨットシミュレータコントローラMINI

今回MakerFaireには実物大コントローラは持って行かないので雰囲気だけでもヨットっぽいコントローラをつくってみました。

MakerFaire TOKYO2016準備

MakerFaireが近づいてきました。
ほいほい堂本舗のブースはG-03-05ですので会場に来られた際は是非お立ち寄りください。

今年は新たな展示物はないのですが、それでもフライトヨークが壊れていないかとか、確認しとかにゃなりません。

今回、OpenStick基板キットの販売を目論んでいるので、これも準備が必要です。

OpenStickRev2 board

基板も届きました。

そしてこんな感じでOpenStickのファームをせっせと書き込んでいきます。
一応、お金を頂いて販売するので静電破壊にも気を使っています。
(普段の工作ではいい加減ですが・・・)

OpenStickKit farm

ファームの書き込み。

抵抗とかも間違えない様に慎重にやります。

Maker Faire Tokyo 2016 出展します。

MFT2016LOGOMaker Faire Tokyo 2016、今年は出展します。
昨年はゆっくり見たいという思いから出展はせず見るに徹しました。じっくり見れたのはよかったのですが、やはり出展しないと少し寂しいです。今年は出展者募集期間に地震が発生したりでちょっと考えましたがこんなものに負けていられません。 また来年は息子が受験なので参加できないと思われ、今年は精一杯楽しんできます。
今回、目新しい物はなく(Laserカッターはちょっと持って行けないですし)審査が通るか心配でしたが何とかOKの通知をいただきました。

という訳で新たな物はありませんが出展予定の品は・・・

フライトヨーク&ラダーペダル

FlightYork

フライトヨーク

ラダーペダル

ラダーペダル

 

ラジコンシミュレータ

ラジコンシミュレータ

ラジコンシミュレータ

レスキュークローラ(ラスパイ制御)
会場はいつも電波状況が悪いので有線でしか動作しないかも。

RescueRobot

RescueRobot

 

ヨットシミュレータ(今回実物大コントローラは持って行かず、何か小さなコントローラを作ろうと思っています)

景色1

ヨットシミュレータ

あとは東京では初のOpenStick基板販売を目論んでいます(なのでコマーシャルMakerとして申し込みました)。

北九州モノカフェ2015

YMMF(山口ミニメイカーフェア)の時、隣のブースの方に教えていただいた北九州モノカフェ
メイカーフェアっぽいものという事なので見に行ってきました。

モノカフェ2015の風景

モノカフェ2015の風景

ブースの数は55という事でYMMFより少ないけど、お陰で会場にはゆとりがあります。
メイカーフェアでおなじみの出展者も多いのですが、ラジコンヘリが飛び回っていたり少し毛色の違う出展もあります。

heri

こんなモロのラジコンヘリが飛んでたり・・・

 

つる

メイカーフェアではおなじみの羽ばたき飛行機
(折鶴バージョン?)

 

お金の風呂

これもおなじみデイリーポータルZさんのお金の風呂

 

ROVER

クラフトハウスさんのローバー。キュリオシティー同様の6輪駆動ですが、前の2輪を持ち上げたり、横に走行したりしていました。 販売予定だそうです。

モノカフェというのは今まで存在を知らず、今回初めて見に行きました。MakerFaire/MiniMakerFaireより出展数は少ないけどあの空気感は同じですし、おまけにゆったりと見る事が出来ました。

山口ミニメイカーフェア終了

終わってしまいました、山口ミニメイカーフェア

YMMF2015

YMMF2015
ほいほい堂ブースの風景

今回、OpenStickとRaspberryPiモータードライバをキット化して販売しました。結果は二日間でOpenStickは6セット買って頂けましたが、モータードライバは残念ながら一つも売れませんでした。コマーシャルメイカーの出展費用が¥10800なので全く元が取れていません。予測ではマニアックなOpenStickよりもモータードライバの方が買ってもらえるかなと思っていたけど逆でした。

ほいほい堂本舗のブースは毎回、子供のたまり場と化すのですが今回も同様でした。特にフライトシミュレータは奪い合いで、これまたいつも通りフライトヨークの根元が壊れては修理を繰り返しています。今回は少し丈夫にしてきたつもりでしたが、やはり何度か修理が必要でした。

ところで初日にヨットシミュレータに妙に大喜びの子供(幼稚園児ぐらい?)がいて、それを中国新聞の記者さんが写真に撮って行かれ、翌10月20日の朝刊に掲載されました。そのお陰か二日目は結構ヨットシミュレータが人気になりました。
中国新聞の記事ネット版(「技術の結晶」は言い過ぎかと・・・)

今日は熊本に戻ってきてヨークを修理中・・・。

Yoke

ここをもう少し強化する必要がある。

YMMF2015キット販売

来週の山口ミニメイカーフェアで販売を予定しているキットの取説ページを作ってみました。

OpenStick基板キット

OpenStickPCB

OpenStickの基板キット

RaspberryPi用モータードライバキット

RaspiMDKit

RaspberryPi用モータードライバキット

どちらも価格は未定です。
その他、小物の販売も検討しています。

 

おいでませ、山口へ 2015

来週はヤマグチミニメイカーフェア2015です。
またまたフライトシミュレータ、ヨットシミュレータほかを出展してきます。

なお今回は初の試みとしてOpenStick基板キット、RaspberryPiモータードライバーキット他を販売する予定です。なのでコマーシャルMakerとして登録しています。
(売れるかな・・ドキドキ)

FlightYoke

フライトヨーク

ヨットシミュレータ