Bluetoothイヤホンのホルダを作ってThingiverseに公開してみた。

先日、近所のホームセンター「ハンズマン」でガラクタ市が開催された。
そこでBluttoothのイヤホン¥980-を発見。面白そうなので買ってみた。

Bluetooth Earphone

Bluetoothイヤホン SEIWA ‘SINC BT250′

これでスマホと接続して会話ができるのだが、バッグにしまって持ち歩くとイザという時にとりだせないし、第一すぐに無くしてしまいそうだ。 基本的に使うのは車の中なので、運転席横に取り付けるホルダーを作ってみた。
※運転中は極力使わない様、気をつけます。 はい。

Bluetooth Earphone2

車に取り付けたところ

設計はAutodesk123Dを使用。最近はこのソフトばっかり。

BluetoothEarphone3

Autodesk123Dで作図

で、今回これをThingiverseで公開してみた。だれもダウンロードしないとは思うが、Thingiverseへの公開がどんな風なのか興味があった。

<ここからはThingiverse登録体験記>

  • まずアカウントは以前作っていたので、これでログインした。
  • ウィンドウの上の方に「CREATE」メニューがあり、そこから「UPLOAD A THING!」を選ぶ。
  • 現れたページのSourceFilesという欄に3Dデータをドロップする箇所がでてくるのでそこにSTLファイルと123Dファイルをドロップした。
  • するとGallaryという欄が現れたので、ここに写真をアップした。
  • 次にThing Name欄にタイトルとして「Bluetooth Earphone holder」と入力。
  • Description欄に説明文を書く。私は英語が苦手なので翻訳サイトをフル活用した。
    (ここでの「フル活用」とは「おまかせ」と同義)
  • Category欄はプルダウンメニューから、Gadgets→Mobile phoneを選択。
  • Tags欄にはEARPHONE,HOLDER,BRACKETと入力した(たぶん適当に思い浮かぶキーワードを入れれば良いのだと思う)。ここは1ワードごとにEnterを押して入力していく。
  • そしてLicense欄は少し迷った末、「Attribution-Creative Commons」を選択した。
    これはクリエイティブコモンズの説明によると最も緩いライセンスで、クレジット表示さえすれば改変も営利目的利用もOKという事らしい。
  • 最後にInstructions欄には「両面テープで好きなところに張ってね」という意味の文を翻訳サイトで変換して張り付けた。
  • そして一旦「Save Draft」ボタンを押すと非公開で登録された。
    この時点ではSTLファイルも写真も仮の画像しか表示されていない。そこでブラウザの別ウィンドウを開き、右上のアカウント名メニューからMy Thingsを選択すると、先ほど登録した作品が一覧に現れ、これをクリックすると、あの良く見る青いソリッドモデルで表示されていた。
  • あとは「Publish」ボタンを押すと公開された。

そして公開したのがこれ

と、ここまで書いてサイトを見たら、公開して1時間程で既に3回ダウンロードされていた。
本当かいな? 同じイヤホンを持っている人がそんなに多くいるとも思えないが・・・。みんな何となくダウンロードしているのだろうか??

Build Your Own CNC Machine

基板切削CNCを作ったときに参考にした本の紹介・・・

BuildYourOwnCNCMachine

Build Your Own CNC Machine

Make日本版Vol10に紹介があったので1年ほどまえにAmazonで購入。全て英語なのが難点だが、写真も多くて大変参考になった。 この本で説明しているCNCはルータやトリマーをスピンドルとして使う、結構大型のものである。 これを参考にサイズダウンしたのが下のCNC。

CNC

基板切削CNC

素材は本と同じMDFボード。モーターは秋月で購入したST-42BYG020。ドライバ回路は自作
これを作るとき、MDFを精度よくカットするのがとても疲れたので、次に同様なものを作るとしたらMakeSlide等を使ってみたい。 スピンドルはミニルーターであるが、プリント基板を切削するには問題なく、薄い合板等も削れる。

書籍Build Your Own CNC Machine のWebサイトはここ。久々に見たらトップページがイメチェンしていた。

 

ソーラーLED照明 ~追試~

先日のソーラーLED照明で、LEDに3.7mA程度しか流れていない事が気になったので追試をした。 先日の部品をプリント基板から取り外すのが面倒なので、同じ型番の別部品を使用した(ニッケル水素電池だけは同じもの。太陽電池は接続していない)。

前回、回路を示していなかった。下の様にシンプルなものである。

SolarLED照明 回路図

ブレッドボード上で配線し、ニッケル水素電池を接続すると、LEDに6.8mA流れており、先日よりは少し多い。 これが部品のばらつきによるのか、それとも電池の状態によるのか? なおこの時の電池の電圧は13.24Vであった。

次に330μHのコイルを2本直列にしてみた。この場合LED電流は6.3mAで、殆ど変化なし。コイルのインダクタンスは大きくは効かない様だ(減らすとどうなるかは試していないけど・・)。

ここで、先日測定した時は乾電池で供給していたんじゃないかと思い出した。使った乾電池は使い古しの4本セットのうちのどれか1本であるが、たぶんこれだろうと検討をつけて接続。するとLED電流は4.65mAである。この時、電の電圧は1.200Vでかなり低かった。

そこでもう少し元気な乾電池を探し出して供給してみた。これだと電池電圧は1.511VでLED電流は13.02mAになった。 やはり電源電圧が大幅に影響している。

まとめるとこの様になる。

電池毎の測定値

乾電池AはNi-Hより電圧が低くLED電流も少ないのに電池電流は多いのが謎。何度か試したが同じ傾向だった。
昇圧回路でスイッチングするので内部抵抗が大きいと瞬間的な電流が流せず、効率が悪くなるのかも・・・(想像)。

ソーラーLED照明

以前秋月電子に部品を発注した際、ついでにCL0116というICを買っておいた。 百均で売っているソーラーLED照明とかに入っているICだそうで、4個入りで150円だった。
このICの他には太陽電池、LED、Ni-H電池、330μHのコイルだけで、昼は充電、夜は点灯という動作ができる。
4個あるので、息子と一つずつ組み立ててみた。

SolarLED Light1

ソーラーLED照明

太陽電池は以前マルツパーツ館で購入しておいた手持ちの物で、定格1V:500mAのものを2枚直列で使用。息子は自分が持っていた太陽電池を使用した。
LEDは定格30mAの白色。

またまたCNCで削って基板を作ったが、これくらいの回路だとユニバーサル基板で配線した方が早かったかも。 1セルの電池ボックスは手持ちが無かったのでThingiverseからダウンロードしてプリントした。

SolarLED LIGHT2

基板拡大

CL0116のデータシートを見ると、LEDには最大100mA流せる様な事が書いてある。普通のLEDに100mAも流すと壊れるのでは?と心配になった。特に電流値を制御する方法は書いていない。
そこで実測すると3.7mAしか流れていない。なぜだ?  でも、それなりに明るく光っている。
また天気の良い日にバッテリーへの充電電流を測ると約40mAであった。

特に問題なく動作しているのだが、LED電流の実測値が少ないのが謎である。もう少し調べてみよう。

スマホのスタンド その2

以前書いたスマホのスタンド、電極を燐青銅版で作ったが、これだとスマホ側の接点をかなり傷つけていた。純正の付属スタンドでは金メッキっぽい処理をされたバネで接触するようになっており、曲線部分が接触するので傷つけ難い様になっている。  この材料を入手するのは難しいので真鍮線(0.7φ)で作り直してみた。

RegzaPhoneStand2

充電用電極変更

裏側は妙に複雑になってしまった。また燐青銅版と違って真鍮線だと固定し難かったのでグルーガンで固定した。

RegzaPhoneStand2_2

真鍮線接点、裏側

接触具合もバネ圧も、大体いい感じになっている。

宇土カップ2013

先日の土日は熊本の宇土マリーナでジュニアヨットレースの宇土カップが開催された。
以前書いた様に、昨年から息子は熊本ジュニアヨットクラブでヨットを習っており、今回レースに初挑戦する事になった。私もヨットのレースはオリンピックのときネット中継を見た程度しか知らない。
当日マリーナに着くと、普段指導して頂いている先生方や、熊本県セーリング連盟の方々は忙しそうに運営の準備をされていたが、私は何を手伝ったら良いのかも分からず、とりあえず自分の息子が乗るヨットを息子と共に組み立てた。しばらくして回りを見ると、大勢の参加者がヨットの準備をされていた。

UTO CUP2013

宇土カップ2013準備風景

よく判らないながらも運営準備を手伝ったり、早めに弁当を食べたりしていると出艇時刻がやってきたので、息子を送り出した。そして私もお手伝いとしてレスキュー艇に乗せて頂き海に出た。

レースはシングルハンドと呼ばれる上級者用のヨットがスタートしたあと、OPのAクラス(息子が乗るサイズの上級クラス)、OPのBクラス(息子が参加する初心者クラス)の順に、ほぼ5分おきにスタートする。 しかしスタートしたものの風が無くなり、有明海特有の早い潮に押されて殆どの艇がスタートラインから進んでいない。その内レースは中断となり、しばらく海上で風待ちとなった。

UTO CUP2013_2

風がないよー。

30分程待った頃、先程とは反対の方向に少しずつ風が吹き始め、レース再開となった。風と潮が逆向きに流れており、初心者でも風上に上りやすいコンディションだそうだ。
息子もスタートし、ビリながらもゴールまで完走する事ができた。この日、OP Bクラスは2レースを実施し、その他のクラスは3レースを実施して終了した。 息子は2レース共完走する事ができたので、まずはヨクヤッタ。

UTO CUP2013_3

何とか完走

 

 

翌日は朝から風が強く、先生の判断で息子達は出艇を見合わせた。私はまたレスキュー艇で出艇。 昨日とは大きく変わって風、波共に強くなっている。しかしベテランの方々には「いい風」だそうだ。

UTO CUP2013_3

風が強い中のレース(いい風?)

結局レスキューといっても、本当に救助という程の事は幸いにして無く、殆ど乗せていただいて見学できた様なものであった。 ヨットのレースというのは色々と奥が深そうである。
息子はこれだけ長時間かつ高密度に乗ったのは初めてで、レース期間だけでも少し上達できた様に思う。
次の練習が楽しみなのだが、次週は学校の授業参観日と重なって参加できず、その次はGWで出かける予定があり、しばらく間が空いてしまう。少し残念だが先は長いのであせらずやろう。

 

スマホのスタンド

スマホのスタンドを作成した。
機種はdocomoのT-01C(REGZA Phone)で、買って2年程だが既に何世代も旧型になっている。
当時、防水のAndroid端末はこれだけだったので、品薄のところ予約したが入荷待ち中に震災が発生して更に入荷が伸びた思い出がある。 釣り人としては防水は必須だし、Androidもいじりたかったので他に選択肢は無かったのだ。 なお、このブログのほとんどの写真はこれで撮影している。

以前からスタンドがもう一つあれば車に取り付けてカーナビ代わりになると考えていた。
そこで標準付属品のスタンドを参考にscadで描いてRepRapでプリントした。樹脂はABSの白。
実は数ヶ月前にプリントしていたのだが、他の工作にハマって放っておいたのを、今回電極を取り付けて使える様にしたのだ。

RegzaPhoneStand

REGZAphoneスタンド

 

スマホを取り外すとこんな感じ。真ん中辺りに下から充電用の電極が出ている。電極は燐青銅で作成。
標準付属スタンドではスマホを固定するためのポッチが出てくる穴や、スマホを載せたときだけ通電するスイッチがあり、それらの穴も空けてはおいたが今のところ機能していない。
前面に二つの点が見えるのは、電極を裏からネジ止めしたら微妙に突き出してしまったため。

RegzaPhoneStand2

REGZAphoneスタンド スマホを取り外した図

 

裏から見たところ。電気的には、燐青銅製の電極にUSBケーブルの電源線をハンダ付けしただけ。 本来5.5Vを入れるところであるが、USBの5.0Vでも充電できた(若干電流が少なく、オリジナルが約90mAに対し、こちらは70mA程度であった)。
USBケーブルは以前故障した機器から取り出した物で、信号線が断線しているが充電には問題ない。

REGZAphoneStand3

REGZAphoneスタンド 裏からみたところ。

OP級ヨット

昨年の夏、熊本の宇土マリーナで子供向けのヨット体験教室があったので行ってみた。それ以降息子はヨットを習っている。
そこのヨットの先生が操縦方法を説明する時に模型があったらいいなと言われたのでAutodesk123Dで描いてRepRapでプリントしてみた。

OP

OP級ヨット

マストはヒノキ棒とABSフィラメントを切って作成。 でもあとで実物をみたら、だいぶ違っていた。そのうち再チャレンジしよう。
4月には初心者も出られるレースがあるそうで特訓中。

帆走中

へっぴり腰なのを矯正して良くなった一瞬を撮影