ワイヤーロック

Yamaguchi Mini Maker FaireにPCを持っていくので、ワイヤーロックの準備をした。
いくらMakerに悪人はいないとしても、このご時勢、セキュリティは重要である。

で、何本か必要なので自作してみた。
といってもPCのセキュリティスロットに差し込む金具までは作れないので購入。これが一番高くて1個698円。
太さ1.5mmのステンレスワイヤーがホームセンターで1mあたり100円。
ワイヤーを止めるスリーブ(ナントカ12という型番)が1個13円×2個。
南京錠が265円だった。
合計すると一本あたり1089円。

ネットで見ると最安で1280円程度なので、これよりは安いが大幅には変わらないか・・・。

スリーブのカシメには電気工事用圧着工具の一番小さいダイスで試すとうまく固定できた。
ワイヤーの端がほつれて手に刺さると嫌なので熱収縮チューブで保護した。

長さを変えて3本程作成。

ワイヤーロック

ワイヤーロック完成

圧着工具とスリーブ拡大

圧着工具とスリーブ拡大

 

.NET Framework 4 のインストールエラーでハマる。

Yamaguchi Mini Makers Faireには普段使っているデスクトップではなくノートPCを持っていくつもりなので、その準備としてVisualStudioC#2010をインストールしようとしたのだが、数日間ハマってしまった。
インストーラを開始するとしばらくして.NET Frame Work 4 をインストールできなかったというメッセージが出て終了するのだ。

そこで.NET Frame Work 4だけダウンロードしてきてインストールを試みたが、やはりエラー。
この場合はエラーコードとしてHRESULT 0xc8000247が表示された。

これを元にあちこち検索してみたが該当しそうな内容が見当たらず。。。。
.NET Frame Work 4のファイルが入っているディレクトリ「C:\Windows\Microsoft.NET」のアクセス権をいじったりしたがこれでも改善しない。

このPCは先日XPから7にアップグレードしたもので、インストール以降Windows Update を実行していない事を思い出し、何か改善するかとWindows Updateを実行してみた。するとこちらも 「現在サービスが実行されていないため、Windows Updateで更新プログラムを確認できません・・・」 というメッセージが出て実行できない。
そこで次はこのメッセージで検索したところこちらのページが見つかった。

このページによると、「Intel Rapid Technology」なるものの特定バージョンがインストールされていると悪さをするとの事。 そこでウチのPCを調べたところ微妙に名前が異なる「Intel Matrix Storage Manager」というのが入っていた。 RAID等を扱うものらしいが、このノートPCでRAIDとかするつもりもないので、バッサリ削除してみたら正常に動作する様になった。

これでなんとかVisualStudioC#2010のインストールができ、めでたしめでたしである。

 

金さん

5年程前、当時幼稚園生だった息子が夏祭りで金魚すくいをした。 しかし一匹もすくえず、それでも一匹もらう事ができた。 夏祭りの間、金魚の入ったビニール袋を息子は自分で持ちたがった。 それで持たせていたのだが、花火に見とれて地面に落としてしまった。 慌てて金魚を拾い上げて袋に戻したが水がほんの少ししか残っておらず、私が金魚すくいの屋台まで走って行き、水を分けてもらう羽目になった。

それまで我が家には水槽など無かったのでホームセンターで小型の飼育セットを購入し、玄関の下駄箱の上で飼うことにした。  名前は色々候補にあがったが、結局みんな何となく「金さん」と呼ぶ様になり、そのまま定着した。
一匹じゃさみしかろうという事で何度か仲間を入れてやったがすぐに死んでしまい、結局、金さんだけが残って成長していった。

金さんの成長は早く、見る見る内に水槽が狭くなり、一回り大きな水槽に交換する事2回。 体長約30cmにまで成長した。 こうなると結構な存在感で、我が家を訪れた人はみな玄関で驚く様になった。
家族で帰省や旅行に行くときは何日間か家を空けるので心配だったが、いつも戻ると何事も無く泳いでいた。
先週末、餌を切らしたとのメールが入ったので、会社帰りに私が店に寄って買ってきた。

その翌日の土曜日、家族で昼前から福岡まで買い物にいった。 そして夜に戻ってきて私が最初に玄関を開けた。 いつもの様に水槽を見ると様子がおかしい。 金さんが水面近くに横たわっている。 慌てて灯りをつけるつもりでスイッチを入れたが電気がつかない。 ブレーカーが落ちていたのだ。 エアーのポンプも停止しており、妙に静かだった。

ブレーカーを入れると灯りがつき、エアーのポンプも動作を開始した。 そして金さんがもう動かない事も認識した。

信じられない事態に家族一同呆然と立ち尽くした。 よくみるとエラが少し動いている様に見えるが、エアーの水流によるものだった。
翌朝までポンプを動かし続けた。 トイレに向かう度に水槽が目に入るが状況は変わらない。

翌朝、庭のミカンの木の下に穴を掘って埋めてやった。 その時、改めて体長を測ると、体が曲がった状態にもかかわらず30cm丁度あった(真直ぐだと35cm近く合ったのかも)。

隣の家の人に聞くと、昨日は雷が近くで鳴っていたそうなので、この影響でブレーカが落ちたのだと思う。 (1系統だけ落ちるものなのか、不思議な部分もある。 特に家電機器が壊れた様子も無い)
恐らく、たった数時間ポンプが停止しただけなのだが、魚体が大きいと酸素がすぐに不足するのだろう。

たかが金魚だと思われるかもしれないが、5年も居てこれだけのサイズになっていると、それなりにショックであった。
普段、釣りをして魚が釣れると喜んで食ってしまうが、飼っている金魚が死ぬと悲しい。なんという我がままだろう。

一年以上前に撮影。 改めて探してみると、写真もあまり撮っていなかった。