レーザー加工機製作 ~その4~

やっとモーターを動かすところまで来ました。

 

モーターとモータードライバに供給する電源は5Vと12Vが必要です。PC用電源でも良いのですが小型のものをハードオフで購入。XBox360用で324円でした。

LaserCutter PowerSource

モーター/ドライバ電源。
5Vが1A、12Vが16.5A取り出せます。
PC電源よりは小型ですがもうすこし電流が少なくても小さいのがあればベストでした。中々丁度良いのが見つかりません。

 

ドライバ基板です。基板切削CNCで作成。

LaserCutterController

ドライバ基板。
A4988ドライバ使用。

 

コントロールソフトは基板切削CNCと同じくLinuxCNCを使用。
同じPCを切替えて使います(因みに3Dプリンタも同じPCです)。

LaserCutterCRT

制御用LinuxCNCの画面です。

 

これからレーザーポインタを使って調整に入ります。
その次はいよいよCo2レーザーでの調整です。