Laser加工機製作 ~その7 アシストエア~

レーザーで加工するとき、特に木材を相手にする場合は炎の発生を防ぐためにエアを吹きかける必要があります。  うちのレーザー加工機はまだ製作途中ですがテストで合板を切ったとき、やはり炎が上がったので息で吹き消しました。

ノズルにはエアーを接続する為のワンタッチ継手をつけてあります。ここにエアーを供給するのですがコンプレッサーを持っていません。

で、最初はこんなのを試しました。

送風機1

マブチ26モーター(古い!)でファンを回して風を送る。

送風機2

ファン側。レインボープロダクツのファンを使用。
3Dプリントの速度を上げすぎたら表面がデコボコな仕上がりになった・・・。

これ単体で動作させるとそれなりに風が出ます。しかしホースを通すとほとんど風が出なくなり、モーターもキツそうです。 風量よりも圧力が必要な感じでインピーダンスのミスマッチみたいなものでしょう。

次に試したのは水槽にエアーを送る為のポンプ。ウチには金魚用のAC100Vのものと釣用の単一電池2本のものがあります。両方試したところ電池式の方がマシなのですがやはり弱々しい感じです。

エアーポンプ

釣用エアーポンプ
本来は生きえさや魚を活かしておく為のもの。

で、やっぱりコンプレッサーが欲しくなるのですがエアーツールを使う様なコンプレッサーは室内で使うには騒音が気になります。でもエアーツールが使えるのは魅力的なのでアストロプロダクツの静音タイプ購入に傾きました。 そこでNONSAYAさんに聞いてみると最初はホームセンターで買ったコンプレッサーを使っていたけど、うるさいのでエアーブラシ用に替えたとの事。これは迷います。
エアーブラシ用コンプレッサーだとエアーツールには使えない上、エアツール用コンプレッサーと比べて大幅に安い訳ではありません。
かといってエアーツール用コンプレサーだと夜に作業できるか不安です。
とか考えているうちにヤフオクでエアーブラシ用コンプレッサー¥1000-、ただし自動圧力停止制御が故障というのをみつけました。用途からして圧力による自動停止は不要なはず。¥1000のまま無事落札できて到着したのがこれ(送料の方が高くついたのは気にしない事にしよう)。

コンプレッサー

エアーブラシ用コンプレッサー(メーカーはよくわかりません)

圧力停止機能故障との事ですが、圧力スイッチはどこに付いているんでしょうか?壊れて取り外したのかもしれません。 レギュレータ横の圧力計が付きそうなところは穴が空いたままの状態なので、とりあえず径が合う棒を突っ込んでふさぎました。
動作させるとさすがコンプレッサー、釣用エアーポンプよりも風量が格段に多くてこれなら問題なさそうです。

Laser加工機製作 ~その6 Xbox360用電源 ~

Laser加工機のモーターには12V程度、ドライバ回路には5Vの電源を供給します。

最初に検討したのはレーザー電源から出ている24V/5V電源。
レーザー電源回りは下の様な配線になっています。

LasePS

レーザー電源回りの配線(この図面、AliExpressのサイトに載っていますが、みら太さん作だそうです)。

モーターへの供給は12Vを考えていましたが定電流ドライバなので24Vでも良さそうです(放熱は強化する必要がありますが)。しかしこの電源の24V出力にどの程度の容量があるのか、記載が見当たりません。
メーカーのサイトは見つけたのですが、この電源そのものの仕様が見つからず、似た機種では1Aとなっており、これでは能力不足です。 やはりレーザー電源から取るのは止めといた方が良さそうです。(それにモーターを調整する時にレーザー電源もONになるのは物騒ですし、別電源にしようと 思います。)

次に検討したのはPC用ATX電源で、なるべく省スペースのFSXサイズというのが良さそうです。新品はもったいないのでHARD OFFを物色したところフルサイズのATX電源はあるのですがFSXサイズは見当たりません。

そこで見つけたのがXbox360用の電源(¥324-)。
5V出力が1A、12Vが16.5A流せるという事です(ゲーム機ってこんなに電流がいるんですね)。丁度良いのでこれを購入しました。

まずコネクタをカットしてしまいます。

XBOX PS 1

XBOX360用電源

XBOX360 PS 2

コネクタ拡大。黒が4本、黄も4本、青と赤が1本ずつ配線されています。

XBOX360 PS 3

コネクタ。前から見たところ

 

ココに結線が載っていました。Xbox360をPC電源で動かす趣旨のサイトです(こちらの目的とは逆ですが)。 結線は下図の様になっています。

XBOX

コネクタ結線

PW_ENABLEを+5Vに接続する事で+12V出力がONになります。PW_ENABLEがオープンだと+12VはOFFです。+5Vは常にONです。

この様に配線しました。黒線は全て束ねてGNDへ、黄線は全て束ねて+12V出力、青と赤を束ねて+5V出力にしています。

XBOX配線

この様に配線しました。

+12VをON/OFFする必要が無いので常にPW_ENABLEは+5Vに繋ぎっぱなしです。
念の為に出力にはヒューズを取付けました。 今のところ問題なく動作しています。

レーザー加工機製作 ~その5~

明けましておめでとうございます。今年は帰省しなかったので元旦からレーザー加工機の調整をしています。

レーザーポインタが安物(知人からもらった中国製)で光が一点に集中せず苦労しましたが、何とか使えそうな状態に調整しました。実際のCo2レーザー管を取付けても下にスポットが来ています。

そこでついにレンズを取付けました。

LaserCutter Lens

レンズの取り付け。
恐る恐る・・・

そして画用紙を使って試し切り。バーベキュー用の金網を敷き、その上に加工物を載せます。
加工途中で炎が出始めたので息で吹き消しました。

画用紙でもすごい煙です。

それなりに切れています。

LaserCutterTEST1

画用紙をカット

 

今度は2.5mm厚のベニヤ板をカットしてみました。更に煙が激しくなります。小型の扇風機で横から風を当てながらのカットですが部屋中がスモーキーフレーバーです(そういえば年末にマッサンの総集編&スピンオフをやっていましたね)。
最初は裏まで貫通していませんでしたので速度とパワーを調整してカットできました。

LaserCutter TEST

ベニヤ板をカット。
テストついでに壊れた写真たての補修部品製作です。

 

とりあえずはカットできるところまできました。
今後は排気とアシストエアー機構を早く作らねばなりません。
また若干パワーが弱い気がします。焦点距離の問題か、それとも光軸がずれてノズルの銅版に半分くらい当たっているのか? 調整精度をもう少し上げてみます。