NONSAYAさん ご訪問

地震の前の話になりますが、NONSAYAさんが九州旅行のついでにわが家に立ち寄ってくださいました。 スケジュールの都合で1時間程度でしたが楽しくお話をさせていただきました。

記念撮影

息子と私とNONSAYAさんで記念撮影。
念のため、お顔は隠しております。

その際、ほいほい堂のOpenStick基板キットと、NONSAYAさんのレーザー制御基板とを交換することにしていました。 こちらからは普通にキットをお渡ししたのですが、NONSAYAさんから頂いたのはなんと完成品です!全くつり合っていません。

Laser制御基板

プリント基板1枚を想像していたらArduinoやステッピングモータードライバ、アクリルケースにケーブルまでついた完成品でした。
ありがとうございました。

是非また熊本にお越しください。今度は色々とご案内させていただきます。
(でも地震が落ち着いてからが安心ですね)

余震はつづくよいつまでも

なかなか余震が収まりません。
今回の地震では幸いにもわが家に人的被害は無かったのですが、家の瓦が落ちたり内壁にひびが入ったりといった被害はありました。 このBLOG的には瓦が落ちた話題よりも工作室の被害を中心に書きたいと思います。

3Dプリンタの上に吊るしていた排気ファン(布団乾燥機流用)が落下して3Dプリンタの上に落ちていました。

設置

こうなっていたのが・・・

おちた

こうなって・・・

3Dプリンタの上に落下。その性かどうかは判らないけど位置がずれています。(上の乗っていたファンはどかしました)
フレームが全ネジ棒の性か見たところ壊れた様に見えませんが、まだ動作させていません。奥に見えるCNCも前に出てきています。

小ネジ

小ネジを入れていた瓶がOAクリーナーと一緒に落下し、なぜかクリーナーの中身が全部出てべとべになっていました。洗面器に移して水洗い中。

ラッカー

噴出したのがラッカーでなくて良かった・・。

大モス

本棚の上においていたラジコン飛行機、モスキート・モス号。
翼が本棚の裏に落ちています。 ふっ、不安。

大モス2

本棚の裏から救出してみると翼端上半角がなくなり平になっていました。これ、直るでしょうか?

パーツBOX

NONSAYAさん設計パーツケースも落下してしまいました。
しかし若干の傷は付いていますが特に壊れていません。
すばらしい。

YOKE

フライトヨークにはいろんな箱がもたれかかっています。
壊れてなければ良いですが。

息子の作った飛行機

息子の作った飛行機。
落下物につぶされて無残にもバラバラです。

とか書いている間にも何度か余震が発生しています。いやですねー。

皮にレーザーマーキング

レーザーで皮にマーキングできるとの事なので試してみました。
嫁が持っていた皮の切れっ端に・・・

皮マーク

皮にレーザーマーク
くまモン、こればっかり。

また、くまモンです。足の部分が切れてしまいましたが綺麗にマーキングできています。横にある二つの丸はパワーを確かめる為の試し打ちです。

Laser使用中 ~その2~

先日の投稿に書いたLaser使用中のサイン。

LaserSign ON

レーザー使用中サイン

家族が入室する際、レーザー使用中である事を示して注意を促すサインですが、これまで古い携帯充電器から電源を取り手動で点灯していたので点け忘れがちでした。 そこでレーザー電源と連動にしてみます。

まずレーザー電源には5V出力端子があり、ここから電源を取れば確実。

Laser PS

レーザー電源のコネクタ。
一番右の4ピンコネクタに5V出力がある。

レーザー加工機から部屋の入り口まで電線を引くため、昔使っていた電話線(約10m)を使う事にしました。 写真の様にレーザー電源にナイロンコネクタを挿して電話線に接続し、電話線の反対側は使用中サインに接続します。

LaserPS2

電話線からRJ11コネクタを切り去り、代りにナイロンコネクタを接続して5Vを取る(黒い線が電話線)。
電話線の反対側はレーザー使用中サインに接続。

これで点け忘れはなくなった。

なおレーザー使用中は保護メガネを掛ける事にしています。
保護メガネはえらく高かったのですが調整中はカバーもなしで動作させるし、完成後は息子も使用するので思い切って購入しました(今回のレーザー加工機製作では単体価格で最も高い買い物だった)。

レーザー保護メガネ

理研オプテックのレーザー保護メガネ。
えらく高かったが息子も使用するし思い切って購入。

今はアクリルカバーも付けたし、ここまで必要かどうかはわからないけど安全第一でいきます。。