真夏の車の換気

まだ九州北部は梅雨明けが宣言されていない様ですが十分に暑くなっております。
こうなると駐車中の車の中は相当な温度となります。

なんでこんな話を書くかというと、先日作成したグライダーをいつでも飛ばせる様に車に積みっぱなしにしたいのですが、機体の大半がスチレンペーパーなので真夏の炎天下では変形してしまいそうな気がします。

ちょうど先日ぽんさんから頂いたソーラーパネルもありますし、以前から考えていたソーラーパワーによるベンチレータを製作してみました。要は太陽電池でファンを回して外の空気を取り入れるというものです。

早速ですが、完成図。
ファンの吸い込み口を窓から外に出す算段です。

CarVentilator1

CarVentilator2

ソーラーパネルは開放電圧21.8V、短絡電流0.31Aです。
ファンはジャンクの12V/0.18Aのもの。ファンの最大電圧は13.8Vなので直結だと超えてしまう可能性があります。そこで下の回路で約12.5Vでクランプします。

約12.5Vでクランプ

クランプ基板は放熱も兼ねてソーラーパネルのアルミフレームにねじ止めしました。

CarVentilator3

電圧クランプ基板

ファンを取付けるダクト部分はABSでプリントしました。ダクトの空洞部分にサポートを出力すると除去が大変なので、分割する事により極力サポートを出さない様にしています。

CarVentilatorダクト

ダクト部分。5分割です。ABSで出力しました。

 

まだ実際には使用していません。
ソーラーパネルにはしっかりしたアルミのフレームが付いており案外重いのでダクトの強度か心配です。
まずは使ってみてから結果をレポートします。