インターホンの先にワイヤレスチャイムを取付ける。

わが家の玄関にはビデオタイプのインターホンが付いており、来客があるとリビングの親機でチャイムが鳴ります。

InterPhone1

PanasonicテレビドアホンVL-SV36KL

しかし工作部屋に籠って作業をしているとリビングでチャイムが鳴っても気づかない時があります。
これがAliexpressから待ち望んだ品の到着だったりすると、とっても悔しい思いをします。また巷で話題になっている再配送の増加にも繋がるので何とかしなければなりません。

そこでインターホンの取説を見ていると、親機に「A接点出力」なる端子がある事に気づきました。これはチャイムが鳴る時に30秒間ONになる接点との事で、恐らくリレーやスイッチでいう「A接点」と同じ意味だと思います。
試しにマルチメータで抵抗値を計りながら玄関ボタンを押してみると確かにその様な動作をしており、ここから何らかの方法で工作部屋まで伝えれば問題が解決しそうです。

InterPhone2

マニュアル抜粋1

InterPhone3

マニュアル抜粋2。「最小適用負荷:DC5V/1m」というのが少し気になりますが・・・。

 

そしてわが家のガラクタ箱にこんなのがあります。以前実家で使っていたワイヤレスの玄関チャイム。リフォームして不要になったのをもらっておきました。右側の小さい方が送信機、左の大きい方が受信機で、送信機の緑のボタンを押すと受信機のチャイムが鳴ります。

InterPhone4

ELPA ワイヤレスチャイム EWS-10

この緑ボタンの代りに先程の「A接点出力」を接続すれば工作部屋まで来客を知らせる事が出来る筈です。

という事で早速送信機を開けてみます。

InterPhone5

ボタン電池CR2032が入っていました。

更に開けていくと基板が出てきました。バネみたいなのはヘリカルホイップアンテナだと思われます。また各所にシリコーンのパッキンが入っているのは玄関に取付ける為の防水対策でしょう。

InterPhone6

基板登場

緑ボタンを外すとタクトスイッチが出てきました。ここにインターホン親機のA接点を接続すれば良いはず。

InterPhone6

目的地のタクトスイッチ登場

こんな感じでリード線を接続。ケースに穴をあけて引き出しました。

InterPhone7

タクトスイッチと並列にリード線を接続。

緑ボタンを載せます。リードにパッキンが当たるのでパッキンの一部を切り取りました。今後は室内で使うので防水性が落ちるのは問題ありません。

InterPhone8

再びボタンを取付けた図

ケースを組み立てなおして・・・
InterPhone9

テレビドアホン親機に接続します。

InterPhone10

赤/黒のリード線が「A接点出力」端子への接続です。

完成!

InterPhone11

ワイヤレスチャイムの送信機は両面テープで貼り付けました。

これでバッチリ。玄関でボタンを押すとリビングと共に工作部屋でもチャイムが鳴るようになりました。

取説に「最小適用負荷:DC5V/1mA」と書かれているのに対し送信機のタクトスイッチには3Vしか加わっていないのが少し気になっていましたが特に問題なく動作しています。

 

レーザー加工機の冷却水

最近、時々レーザー冷却用のポンプが止まります。
一旦回り始めたら途中で止まる事は無いのですが、何日か使用しなかった後、電源を入れても回り出さない時があるのです。その場合、ねじを外してインペラを手で回すとゴリゴリ感が取れて復活します。そろそろ限界かもしれません。

suirei1

今までのポンプ。
洗濯機の風呂水取り用です。

冷却水はこういうタンクに入れてあり、レーザーを使用する時はポンプを放り込んで回しています。因みにこのタンクは熊本地震の時、給水用としても活躍した物です。

Suirei2

水タンク

レーザーの使用が終わると毎回水を抜いています。自重で大体の水をタンクに戻した後、コーキング容器で作った水鉄砲を使ってパイプに残った水を吸い出しています。

Suirei3

パイプ内の水を吸出す為の水鉄砲

この水を抜く作業が結構面倒なのです。そこでこの機会に水冷システムを見直そうと思います。イメージしているのはぽんさんのレーザー加工機で、ポリタンクはやめて加工機に一体化した循環経路とし、トータルの水量を減らす代りにラジエターで冷却しようと思います。

で、ラジエターを購入。

ラジエター

たぶんPC水冷化用です。購入時は送料無料で¥1896-でした。

そしてポンプ。

ポンプ。

なに用か分かりません。
購入時は¥416-でした。

まずはこれらの動作確認です。水をこぼしても被害が少ない様、風呂場の脱衣所で試します。

ポンプ2

ポンプと仮の電源

Radiator2

ラジエター

リザーバタンク

仮のリザーブタンク

 

新たに購入したポンプは水中ポンプではないのでパイプの途中に取付ける形となります。
起動時、ポンプまで水が来ていない状態でも少しは吸い上げてくれるかと期待しましたが甘かった様で、全く吸い上げません。よって起動時は何とかして呼び水で満たしてやる必要がありますが、ペットボトルを上げたり下げたり、パイプをシゴいたりと色々やりましたが思った程簡単にはできません。ポンプまで水を送る為のポンプが必要になりそうです。

当初これを購入しようかとも考えましたが・・・

プライマーポンプ

ボートの船外エンジンで燃料を送るのに使うプライマーポンプ

もっと簡単に手に入るのがありました。
灯油ポンプです。これを使って電動ポンプまでの経路を水を満たしてやれば後は電動ポンプが流し続けてくれます。

灯油ポンプ

灯油ポンプ。

 

という事で、この方式でレーザー加工機に取付けたいと思います。
経路は下図の様にします。

水経路

冷却水経路

 

・・・さっそく取付けました。

LaserCoolingSystem

ファンのLEDが眩しく輝いています。このファンもぽんさんから頂いたものです。

LaserCoolingSystem2

灯油ポンプが顔を出しててちょっと変ですが・・・

水流センサー

センサーが水流を検出した証として緑色LEDが点灯しています。

現時点は普通の水道水を入れていますが、暫く使って水漏れが無い事を確認したら不凍液に替えようと思います。冬までには何カ月も猶予がありますが、その前にカビやコケが生えると嫌なのです。よって防カビ/コケ効果のある不凍液にしたいのですが何を入れるのがいいんでしょうね? 車の不凍液(エチレングリコール)は毒性があるらしいので漏れると嫌であまり使いたくありません。グリセリンタイプというのもあるそうですが、こちらは粘性が高いという話です。PC水冷用かな? もう少し調べてコケが生える前には交換しようと思います。

レーザーでハンコを製作する

訳あってハンコを製作する事にしました。
ゴム板をレーザーで彫るのが本筋だと思いますが、手元に無かったので杉(と思われる)板に彫ってみました。

まず適当なソフトで原版を描き、裏表を逆転させます。また彫る部分を黒、残す部分を白にします(一回失敗しました)。

そしてここに書いた方法でレーザー加工機をラスタースキャンさせます。この時レーザーパワーをどれくらいにするのが適当か分からなかったので、ちょっと強めかと思いましたが50%からやってみました。スキャン速度はF3000、解像度は288dpiです。

まず1回目・・・さすがレーザー、細かいところまで残っています。でもちょっと彫り過ぎました。3mm以上窪んでいるので細かいところ(濁点の部分とか)がすぐに折れそうです。

はんこ1

一回目

 

2回目。パワーを約25%に下げて再トライ。
深さ2.5mmでまだ彫りすぎです。

はんこ2

二回目

 

3回目。約10%パワーでやっと1mm強になりました。これくらいで良しとしましょう。
なお10%とはボリュームの目盛りでの10%です(この図のIN端子で制御)。レーザー管の定格は40Wなのでキチンと比例していれば4Wになりますが実際のところは分かりません。

はんこ3

3回目。既にインクを付けた写真しかありませんでした。

つまむところを付けて・・・

はんこ4

つまみ取付け。

 

押してみます。
ゴム版と違って綺麗に押すのが難しい気がします。
まあでも良しとしましょう。

はんこ5

押してみた。

 

ラズパイ上のPronterfaceをTT-SSHのフォワーディングを使ってWindowsPCに表示

先日から3Dプリンタ2号機にRaspberryPiを乗せ、Pronterfaceの画面をメインPC(Windows)に飛ばして使っています。Pronterface/X

ラズパイ上でPronterfaceはX-Windowのアプリケーションとして動作するので、Windows側ではX端末ソフトを動かせばネットワークを経由して表示できます。
メインPCには既にCygwinをインストールしてあるのでこれをX端末として使用しました。

で、今までこういう時はX端末を起動したローカルPC側で’xhost +’コマンドを実行し、リモートホスト側ではDISPLAY環境変数を設定した上でアプリケーションを起動するという手順を踏んでいました。昔ながらのやり方です。

‘xhost +’はあらゆるホストからの要求を受け入れて画面に表示してしまうのでセキュリティ上よろしくないのは分っていましたが、家の中で使うのなら大した問題はないだろう・・・と。

しかし今回TeratermのTT-SSHでフォワーディングを試したところ、単にセキュリティ的に安全というだけでなく手間が大きく省ける事を知りました。
比較するとこんな感じ。

Xforward

新しい方法も面倒がらず、何事も試してみるべきでした。

ハンズマン ガラクタ市2018春

半年毎の恒例ハンズマン ガラクタ市の季節がやってきました。
今回はカレンダーの都合なのか例年より2~3日早めの開催につき、春休みの息子も一緒に朝から参戦です。
今回も菊陽店に6:55頃に着いたら既にオープンしていました。

HANDSMAN2018spring1

やってきました。
既に駐車場は満車直前。結構離れた場所にしか停められませんでした。

で、早速ですが初日の朝に買ったもの・・・

HANDSMAN2018spring2

初日の朝買ったもの。

詳しく見ていくと・・・

まず8GB(Class10)のSDカードが350円。PCと3Dプリンタ間のデータ交換にピッタリです。
2.4AのUSB電源が180円。これならRaspberryPi3でもイケそうです(Pi2までしか持ってませんが)。
なぜか歯磨き(ガードハロー)は毎回65円で売られています。
HANDSMAN2018spring2

 

今回はアクリル板が大量に出ていました。3mm厚で180x320mmが250円。2mm厚のPET版が150円です。アクリルはレーザー加工に向いているので多く持っていると安心です。
HANDZMAN2018sprint4

 

そしてパーツケース。細かい部品が溢れてきたので整理に使います。
またマスキングテープも幾らあっても邪魔になりません。

HANDZMAN2018sprint5

初日の朝は以上ですが後から登場する商品もあるのでマメにチェックすると良いものをゲットできます。という事で夜の部です。

 

180円のマウス。RaspberryPiをイジる時にレーザー加工用PCからマウスを外して使うため息子から文句が出ていましたがこれで解消です。
それとソーラーecoカイロが200円。ソーラーで充電するカイロですがモバイルバッテリーとしても使えるというもの。これお買い得だと思います。

 

ソーラーecoカイロの中身です。変換コネクタも一通り入っており何かと使えそうです。また取説には廃棄時のバラし方まで書いてあり、さすがECOを謳うだけあります。
HANDZMAN2018sprint6

 

そしてナンダカンダで3度目の巡回です。通勤経路から少し回り道するだけなのでマメに行けるのです。イイデショ。

前日にはなかったクリヤのアクリル板2mm厚が250円。また2枚買ってしまいました。

HANDZMAN2018sprint7

ガラクタ市は4月9日(月)までです。あと1回ぐらいはチェックに行きたいと思います。

3Dプリンタ2号機~その8~

やっぱり二代目3Dプリンターにラズパイを取付けました。
初代RaspberryPiのModelBです。

3dp28_1

Raspberry Piをねじ止め。

ラズパイにモニターやキーボードは取付けていませんが、Xwindowの画面をメインPCに飛ばしPronterfaceを実行できます。
又はTeratermでログインしてPronsoleを使う事も。。。

フロントパネルにはラズパイ専用の電源スイッチとシャットダウンボタンを設置したのでLCDコントローラだけで動作させる場合にはラズパイ電源はOFFにできます。

3dp28_2

手持ちのスイッチを取付け。

なお特に対策をしなければラズパイ専用電源をOFFにしてもArduinoからの電圧でラズパイのLEDが点いてしまいます。正常動作する程の力はない様ですがArduino側のレギュレータに負荷が掛かりそうです。気持ち悪いのでUSBコネクタの+5V端子にカプトンテープを貼って絶縁するという、いい加減な対策をしました。

3dp28_3

USBコネクタの+5V端子を絶縁。

 

これで3Dプリンタ2号機は一旦完成とします(多分まだ何かやりますが)。

3dp28_4