ArduinoでPICマイコンに書込む~その3~

先日の「ArduinoでPICマイコンに書込む」ではMCLR端子の電源として12Vのスイッチング電源を用いたが、今回は9V電池(006Pという四角いやつ)で試してみた。
PIC18F2550の規格上は「VDD+4V~12.5V」の範囲となっており、VDDが5VならばMCLRには9Vの印加で書き込めるはずだ。

やってみたところ特に問題なく消去/書込み/ベリファイができた。
これが一番手軽な書込み方法かもしれない。

PIC write with Arduino AND 006p BATTERY

Arduinoと9V電池を使用したPICマイコンへの書込み

 

ArduinoでPICマイコンに書込む~その3~” への1件のコメント

  1. ピンバック: OpenStick Lite ~その4~(β版アップ) | ほいほい堂blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>