RepRap 制御マシン引越し

何度か書いた通り、メインで使っているWindowsマシンはメモリーアクセスでエラーがでる。 メモリーモジュールを交換しても改善しないのでマザーもしくはCPU(Core i5はCPUにメモリーコントローラを内臓しているそうなのでCPUにも疑いがかかる)に問題がありそうだ。しかし簡単に買い換える身分ではないのでだましだまし使っている。
これが原因かどうかは判らないが、RepRapで長い時間プリントしていて途中でダンマリになる事が、これまで2回程あった。

とりあえずプリントする時だけは安定なマシンを使いたいので、基板切削CNC用にUbuntuをインストールした旧PCを使ってみる事にした。

インストールマニュアルに従って作業したところ、今までのWinodowsとは別バージョン(といか派生バージョン?)のSkeinforgeを入れてしまった。なんとかこれで動かそうとしたのだが、なんだかんだと上手く行かない部分がでてきたので、結局今までのWindowsマシンに入っていたSkeinforgeを丸ごとコピーしたらすんなり動作した。
Skeinforgeのバージョンの関係がイマイチよくわからない(英語力もないので)。

という事でUbuntuで暫く使って様子を見ます。

PronterfaceUbuntu

Ubuntuに環境移動

 

RepRap 制御マシン引越し” への1件のコメント

  1. ピンバック: PC不調 | ほいほい堂blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>