どどーんはじめました。~その2~

先日作成したマルチコプターに乗せるバッテリーを購入しました。

HobbyKingで1セル600mAhが$1.99。
どうやらLi-Poは危険物扱いらしく送料がすこし高いので息子の分とまとめて5個買いしました(結局送料は私持ちなんですが)。

 

こんな感じで輪ゴムで固定します。

LiPo固定

裏返して輪ゴム止め。

そして充電ですが、AliExpressで1枚33円(送料無料)の充電基板FC-75を2枚購入しております。USB電源等でリチウムイオン電池を充電する為の基板でTP4056というICが載っています。(TP4056は名前が東芝っぽいのですが検索してみると中国メーカー製でした)

FC-75

1枚33円の充電器

 

基板は2枚つながっていますがそのまま配線していきます。
電源入力は4V~8Vの仕様なので5Vの安定化電源から2枚並列に供給します。
なお基板上の抵抗を交換する事で充電電流を決める仕組みになっており、
充電電流 = 1/抵抗値×1200 だそうです。
今回600mAhのバッテリーを1C充電するので2KΩとなりますが手持ちの関係で2.2KΩを接続しました。

FC-75_2

充電器に配線したところ

 

そして充電開始。まずは電流計を割り込ませてほぼ規定の電流値になっている事を確認後、電流計は取り外して観察します。

FC-75_3

充電開始。

 

時々バッテリー電圧を測定すると徐々に電圧が上がっていきます。

FC-75_4

充電中。

そしてバッテリー電圧が4.2Vに到達。ここで充電が終了してLEDが赤から青に変わるはずですが・・・・まだ変わりません。

4.22V。まだLEDは赤ですが電圧の上昇が遅くなりました。もう充電が止まってほしいのですが・・・不安。

4.23V。まだLEDは赤です。そしてデジボルが4.23Vと4.24Vの間をチラチラと行き来し始めたところで不安になってバッテリーを外しました。
このデジボルをどの程度信用できるのかという疑問もありますが、はやりちょっと高すぎる気がします。

TP4056のデーターシートを見ると充電停止電圧は4.137V~4.263Vとなっています。最大で4.263Vまで加わる可能性があるという事ですがこれって許容範囲なのでしょうか?(当然ながらハイボルト仕様のバッテリーではありません)
なおバッテリーを繋がない状態だと4.13Vでした。どういう制御になっているんでしょうか?

不安なので実績のある充電器で充電してみます。

enRoute L4充電器

最近すっかり産業用ドローン専門になったenRoute製の充電器。
まだホビー用ラジコンを扱っていた頃に買ったもの。なおLEDにテープを貼っているのは明るすぎて眩しいからです。

因みにこの充電器で充電完了後の電圧は4.11Vでした。こちらはかなり軽めの値になっています。

このFC-75充電基板は・・・どうしましょう?

どどーんはじめました。~その2~” への2件のコメント

  1. こんにちは、ぽんです。
    とど〜ん(笑)楽しく拝見させて頂いています。
    さて、Fablab南小国訪問の件でメールさせて頂いたのですが、いかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>