加速度センサージョイスティック

先日から作り始めた加速度センサー式ジョイスティックの続き。
センサー部分を載せるプリント基板をCNCで作成し、OpenStickと接続して動作確認中。

AccelaStick Sensor

加速度センサー式ジョイスティックのセンサー基板を動作確認。

 

モジュール利用なので回路はシンプル。オペアンプで3.3倍に増幅している。
(モジュールは秋月電子KXM52-1050

AccelaStick Sensor回路

加速度ジョイスティックセンサー部分の回路図

 

センサー部分を納めるケースをAutodesk123Dで描いてるところ。
センサー部分は本体と軸受けで接続し、角度を調整できる様にするのだ。

AccelaStick Head case

加速度センサー部分を収納する。

RepRapでプリントしながら、このブログを更新中。

AccelaStickHead now printing

センサーを収める部分、RepRapでプリント中。

ウチの工作機械が総動員。これがやりたかったのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*