Raspberry Pi の拡張基板 その2

両面基板を削ってみたが、見事に失敗した。

RaspiMD基板失敗-裏

裏面。切削と穴あけを連続して実行したので穴とパターンが、まあ使える程度に一致している。

RaspiMD-失敗基板-表

表面。一旦基板を取り外し、裏返しに貼り付けて切削した。慎重に位置を合わせたつもりだが、穴とパターンがずれている。ここまでずれると使うのは厳しい。

予想通り、基板を裏返しに取りつける際の位置合わせが難しい。確実に位置を合わせる方法を考えているので、もう一度トライする予定。
また、パッドの直径も小さすぎた。できるだけ大きくなる様に変更しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*