Raspberry Pi + MCP3002で照度センシング

先日書いたMCP3002でのアナログ入力方式で照度センシング基板を作った。
今回、片面基板の銅箔面に部品を載せる方法にした。両面基板は以前にも書いた様に、CNCで切削するには位置合わせが面倒なのだ。

Sense with MCP3002

MCP3002を用いた照度センサ

以前、OpenStickで作った基板はこれ。

OpenStickを用いた照度センサ

OpenStickを用いた照度センサ

多チャンネルが不要なら、MCP3002で作る方がかなりシンプルになる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*