ヨットシミュレータ~その4~

ラダーとメインシートでコントロールできる様になった。
これでとりあえず最低限の動作ができる。

YatchSim1

操作中

ラダーとメインシートの動作状態をボリュームで電圧に変換し、OpenStickでPCに伝える。

YatchSiM2

ラダー部分のボリューム

YatchSIM3

メインシート引き出し量検出プーリー。
ギヤで減速してボリュームに伝えてある。ゴムひもで逆向きのテンションをかけた。

OpenStick基板は毎度の通り基板切削CNCで作成。

あとはセンターボードが必要だが・・・メーカーフェアに間に合うか?

 

 

ヨットシミュレータ~その4~” への1件のコメント

  1. ピンバック: 64bitWindowsでOpenStickへの書込みができなかった件 | ほいほい堂blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>