龍山電子商街で買ったArduino Nano

先日、韓国出張時に龍山電子商街で買ったArduino Nano(バッタ物)がPCとつながらない話を書いた。 Nanoの基板に載っているFT232RLが返すPID(プロダクトID)が0000になっているのが怪しく、ドライバーとの関連付けが上手く行かない。そこでドライバーインストールディレクトリにある*.infファイルを書換えてPID=0000としてインストールを試みた。NanoをPCに挿すとドライバーのインストールが始まったが、途中でなにやらエラー(内容は忘れた)が出て結局正常に動作はできなかった。
仕方が無いのでFT232RLの交換を決意。秋月電子から2個購入した。

FT232RL

FT232RL 念のため2個購入。
1個300円。

Arduino NanoからFT232RLを取り外す。 購入時から取付け済だったピンヘッダがあり狭い。 しかし何とか外せた。

FT232RL取り外し

FT232RLを取り外したArduino Nano

そして新品のFT232RLを再ハンダ付け。

Nano2

新しいFT232RLを取付けた。

そしてPCに挿すと、以前とは違う状態(Unknown device扱いになりFT232RLである事も認識できない)ながら依然として正常には接続できない。そこで前から疑っていたTEST端子(26pin)をGNDに落としてみる事にした。 幸い隣の25pinがAGNDなので26-25pin間をハンダでブリッジさせ、PCに挿すと正常に接続できる様になった(上の写真もよく見るとハンダブリッジが見える)。
ArduinoIDEからプログラムを書込む事もでき、修理完了である。
購入時、導電ではなさそうなスポンジに挿してあった事が原因なのかどうかは判らない。取り外したFT232RLをもう一度動作させてみたい気もするが、SOP→DIP変換基板がもったいないので少し考えてからにする。

龍山電子商街で買ったArduino Nano” への3件のコメント

  1. ピンバック: FT232RL | ほいほい堂blog

  2. 通りすがりさん、情報ありがとうございます。
    この通りかもしれませんね。バッタ物なので・・・。
    復活させる道はなんでしょうかね(英語の方のリンクは詳しく見ていないのですが)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*