FT232RL

バッタ物Arduino Nanoから外した故障と思われるFT232RLをもう一度動作させてみるため、0.65mmピッチSOPの変換基板を作成した。 ウチのCNCの精度で大丈夫か不安だったが、バックラッシュのため一本置きに太さがが違うとかを気にしなければ何とか使えそうである。

SOP065x28pin

ピッチ変換基板。上半分は彫り込みが浅かったので後から少し深めに再切削した。

先日Nanoから取り外したFT232RLを実装してみた。

FT232RL Nano

故障と思われるFT232RLを再実装。

そして周辺回路を取付けた。

FT322RL Nano2

周辺回路を取り付けたところ。

しかしPCと繋いだところ、やはり以前と同じ症状だったので、このFT232RLはあきらめる事にする。
一旦取り外して秋月電子で買った新品を取付けてみたところ、(当然ながら)問題なく動作した。 今後この基板は龍山電子商街で購入したArduino Pro Miniの書き込みアダプタとして使うことにする(先日のblogではArduino Miniと書いたが、じつはArduino Pro Miniだった事に後で気付いた)。

ArduinoProMini

LEDも取付け、今後Arduino Pro Miniの書込みアダプタとして使う。

FT232RL3

裏から見たところ

 

FT232RL” への1件のコメント

  1. ピンバック: XBee | ほいほい堂blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*