レーザー加工機の冷却水~不凍液投入~

先日水冷システムを変更したレーザー加工機ですが、冷却液には水道水をそのまま使っていました。今は5月なので凍結の心配はありませんが、その前にカビやコケが生えると嫌なので、ちゃんとした冷却液に入れ替えます。

冷却液には何を入れようかとネットで調べると、自動車用でよく使われているエチレングリコールというのは毒性があるそうなので漏れた時が嫌で使いたくありません。グリセリン系というのもあり無害でそのまま下水に流せるそうですが粘性が高いとの事。

このあたり素人で良くわかりませんが、プロピレングリコール系というのが毒性が低いとの事なのでこれを買ってみました。カビやコケの防止効果があるかどうかはわかりませんが・・・。

water2_1

プロピレングリコール系冷却液”コガブラインPG40”。Amazonで¥923-

早速リザーバータンク(として使うペットボトル)に入れてみました。かき氷のイチゴシロップみたいでおいしそう。

water2_2

約2リットル投入。

で、接続してみます。

water2_3

全体がピンク色。

電動ポンプをONにしといて灯油ポンプでプライミングしてやると循環し始めます。
しかし水道水の時と比べて流量が明らかに減っています。やはりこれも粘度が高いのでしょうか?水流センサーも反応しません。

水流センサーの出力を見ると6.89Hzです。センサーは10Hz以上を流量有りと判定する様にプログラムしているのでこれでは反応せず、このままではコントローラーがレーザー発射を止めてしまいます。

Water2_3

水流センサーの出力

レーザー管にどれくらいの水を流す必要があるのか分かりませんが、今までフルパワーで動かしても特に水が温まる感じも無かったので、とりあえずこの流量でもいいんじゃないかと(ええかげんやなー)、センサー閾値の方を4Hzに落としました。

と、一旦これで良しとしたのですが、やはりちょっと不安なので冷却液に精製水を混ぜて濃度を下げる事にします。冷却液を500ml抜いて代りに精製水500mlを入れました。冷却液そのままだと凍結温度が-25℃ですが、さすがにそこまで冷える事は無いので多少薄くなっても大丈夫でしょう。

Water2_5

精製水500ml。
ドラグコスモスで¥98-で購入。割安な気がしましたが元は水ですもんね。

これで若干ですが流量が増えています。センサー出力も9Hzにアップ。

Water2_6

不凍液を薄めた後の水流センサー出力。約9Hzにアップ。

なおこの水流センサー(YF-S201)は以下の式で周波数が決まる仕様になっています。
 Frequency (Hz) = 7.5 * Flow rate (L/min)
という事は9Hzだと、9÷7.5=1.2L/minとなります。適正値が判りませんが少ない気もするので
温度に注意しながら使ってみます。

Water2_7

何だか、派手な色が入り混じっています。

3Dプリンタ2号機~その8~

やっぱり二代目3Dプリンターにラズパイを取付けました。
初代RaspberryPiのModelBです。

3dp28_1

Raspberry Piをねじ止め。

ラズパイにモニターやキーボードは取付けていませんが、Xwindowの画面をメインPCに飛ばしPronterfaceを実行できます。
又はTeratermでログインしてPronsoleを使う事も。。。

フロントパネルにはラズパイ専用の電源スイッチとシャットダウンボタンを設置したのでLCDコントローラだけで動作させる場合にはラズパイ電源はOFFにできます。

3dp28_2

手持ちのスイッチを取付け。

なお特に対策をしなければラズパイ専用電源をOFFにしてもArduinoからの電圧でラズパイのLEDが点いてしまいます。正常動作する程の力はない様ですがArduino側のレギュレータに負荷が掛かりそうです。気持ち悪いのでUSBコネクタの+5V端子にカプトンテープを貼って絶縁するという、いい加減な対策をしました。

3dp28_3

USBコネクタの+5V端子を絶縁。

 

これで3Dプリンタ2号機は一旦完成とします(多分まだ何かやりますが)。

3dp28_4

3Dプリンタ2号機~その7~

前回の続きでpronsoleの中を調べています。まだよくわからない部分も多々あるのですが、まず1番の疑問としてGコードのロードになぜ時間がかかるのか、またどこにロードしているのかについては、どうやらPythonの配列に全てのコードを読み込んでいる様です。という事はメインメモリーに取り込んでいる事になります。但し時間がかかっているのは読み込みそのものではなく、その後にレイヤー数や実行時間を計算する部分の様です。という事は実行時間表示を諦めたらロードが早くなってサクサク動くんではないかと期待し、そのうち試してみたいと思います。

LCDコントローラ検討

そもそもは制御PCをどうするかという話でしたが、LCDコントロールパネル+SDカードでも良いんではないかという気がしてきました。これまた世の中では当たり前なのでしょうけどウチでは今までPC接続でしか動かした事が無かったんです(このあたりが世の中から周回遅れなのです)。

手持ちのLCDで丁度良いのがなく、Aliexpressをみたら¥1031-でこんなのがあったのでポチりました。ロータリーエンコーダやSDカードソケットまでついて送料無料です(今見たら若干値段が変っていましたが)。

そして随分と早く、9日間で到着。

3DP27_1

立派な箱に入って到着しました。

開封・・・

3DP27_2

中身一式。
ケーブルに加えRAMPSに挿す為の変換基板も付いています。

接続

早速接続します。配線は本体と変換基板をケーブルでつなぎ、変換基板をRAMPSに挿すだけです。
そしてMarlin側は次の4箇所のコメントを外しました。

#define REPRAP_DISCOUNT_FULL_GRAPHIC_SMART_CONTROLLER
       ←接続するコントローラのタイプが「Discount Full graphic controller」である事を示す。
#define REVERSE_ENCODER_DIRECTION     ←ロータリエンコーダの回転方向を逆にする。
#define SDSUPPORT             ←SDカードを使用可能にする。
#define LCD_LANGUAGE kana        ←表示をカナ表示にする。
#define INDIVIDUAL_AXIS_HOMING_MENU  ←各軸単独でHOMINGする為のメニューを追加する。

電源投入

そして電源を入れると・・・

3DP27_3

おお、灯いた。

事前の情報でSDカードに保存するGコードは8+3形式のファイル名でないとダメと聞いていたのでこの通りに作成し、余っていた128MBのSDカード(128GBではなく128MB)に入れてみましたが・・・ファイルを見つける事が出来ません。そこで8GBのSDHCに入れたところ問題なく読み出せました。今どき128MBは想定外なのでしょうか? ま、しかしこれで問題なくプリントできます。

取付け

本体に取付ける為、Thingiverseから適当なケースを落としてきてプリントしました。そしてケースに入れてねじ止めすると、画面の真ん中あたりの横一列に表示の欠損が発生しました。

3DP27_4

真ん中付近に横一列の表示欠けが出ました。

改めてケースから外してみると正常に表示できます。どうやらサイズギリギリにプリントしたケースに基板を押し込んだ為、応力が加わりディスプレイの配線が接触不良をおこしているのだと思います。 そこでケースを少し削って余裕を持たせたら正常に戻りました。

そして本体に取付け。
おー!いい感じです。

3DP27_5

本体に取付けたところ。

そして・・・

元々1号機があった場所に置いてみました。
手前からレーザー加工機、3Dプリンタ2号機、基板切削用CNCです。

3DP27_6

わが家の自作工作機器

結局のところ、まだRaspberry piは繋いでいません。
なんだかこのままSDカードだけでで行ってしまいそうです。

3Dプリンタ2号機~その4~

3Dプリンタ2号機製作の続きです。

Z軸を上に引っ張ると抜けてしまう構造だった件はこの写真の様にMDFボードを上下からベアリングで挟みストッパーで固定する方式にしました。多分これで大丈夫。

3DP2_41

Z軸抜け対策

 

調整で苦労したのはエクストルーダからの吐出量が安定しない(なんだか少ない)点です。最初こんなエクストルーダを使っていました。

3DP24_1

PLAでプリントしたWade’s Extruder

そこで1号機で使っていたMakerGear製エクストルーダに交換しようとしたらパーツが割れていました。つい先日まで1号機で働いていたのですが。

3DP24_2

MakerGear製エクストルーダのパーツ破損

仕方ないので2号機で補修パーツをプリントして取付けます。

3DP24_3

補修して取付け。
黄色いパーツが新たにプリントした部分。

このエクストルーダは実績があり音も静かです。しかし吐出量が少ないのは変化ありません。プリントしたエクストルーダが原因では無かった様ですが静かなのでこのままこっちを使います。

改めて、エクストルーダの送り量を再測定してみると・・・
無負荷では指定通りの長さが出ていくのですが、温めたノズルから吐き出しながらだと1割くらい少ない量しか出ません。そこで送りギヤの締め付けネジを強くしたらだいぶマシになった(でもまだちょっと少ない)のですが、この状態でプリントしていると途中でエクストルーダのモーターがゴトゴトという音をたてて脱調し始めました。フィラメントを引き抜いてみると送りギヤで傷付けた部分がテフロンチューブ内で抵抗になり、手で出し入れしても明らかに滑りが悪くなっています。仕方ないので締め付けネジを少し緩め、脱調はせずに送り量もまあまあなギリギリのところに調整しています。結局これでも吐出量が少な目なのでスライサー(curaです)側で少し多めに出す設定にしました。

今回の2号機のエクストルーダは’Bowdenタイプ’にしています。ホットエンドとコールドエンドを分離してテフロンチューブでつないでいるので、X-Y動作時にエクストルーダのモーターを一緒に振り回さなくて済む(なので動作が軽い)のと、将来的に複数のエクストルーダを付けるためヘッド周りのスペースを空けておけるというメリットがありあります。しかしチューブで間を繋いで精度的に大丈夫かという不安がありましたが、やっぱりこのあたりが難しいのかもしれません。

次に前回プリントベッドのガラスにヒビを入れてしまったのでガラスを交換します。いつだったか複合プリンタをバラしたときに取っておいたスキャンベッドのガラスを使います。ガラスを切るのは初めてですが過去に家のタイル補修時に買ったタイル切りがあるのでこれでガラスを切ってみます。

3DP24_5

ガラス板を切ります。

適当なゴム板があったので滑らない様に定規との間に挟み、タイルカッターで傷を入れます。Youtubeで見た動画だと「キー」という高い音と共に傷が入っていましたが「ゴリゴリ」という音しかしません。腕の違いなのかカッターの違いなのか。でも何とか傷は入った様です。

3DP24_6

細長いゴム板があったので定規との間に挟んでガラスに傷をつけました。

そして恐る恐る力を入れると・・・

3DP24_7

おおっ、上手く割れました。

もう一辺も切る必要があります。同様にやっていくと・・・

3DP24_8

今度は失敗です。ギタギタになりました。

仕方ないのでダイヤモンドヤスリと回転ツールで削って真っ直ぐにしていきます。

3DP24_9

削ってなるべく真っすぐに修正した後。
(でもデコボコしています)

まだデコボコしていますが、手を切らない様にエッジは丸めておいたので実用上の問題は無いと思います。

カプトンテープを貼って取付けました。今度は割らない様に注意します。

3DP24_10

筋が入って見えるのはヒビではなく反射です。

 

3Dプリンタ2号機~その2~

前回の投稿後3年近く放ったらかしでしたが、正月明け頃から3Dプリンタ2号機の制作を再開しています。

まずは前回の写真・・・

3DP2

前回投稿した時の写真

 

そして現状。ぱっと見あまり変わっていませんがモーター、ベルト、エクストルーダが付きました。
3DP_2

 

ホットエンドは900円のを見つけて買っておいたのですが大丈夫でしょうか?
なおノズルは複数取付ける場所を準備しています(どうやって高さの調整をするかまでは考え付いていません)。

3DP2_3

コントローラは1号機で実績のあるArduinoMEGA256+RAMPS。とりあえずX/Yの移動ができるところまで来ました。

3DP2_4

ArduinoMEGA256+RAMPS1.4

続いてZ軸を製作中です。

どどーんはじめました。~その4~

先日作成したマルチコプターは重量が50グラム程度なので室内でも飛ばせます。
しかし何しろ初心者につき、あちこちにぶつけてしまうのでプロペラガードを取付ける事にしました。

まずデータを作って・・・

PropellerGuard

プロペラガード

4つプリントして取付けました。

PropellerGuard

プロペラガード取付け完了。

壁に軽く当たってもバウンドするのでダメージがありません。
安心して操縦の練習ができます。