FusionPCBにプリント基板を発注してみた。 が・・・ の続きの続き

その後、FedExで送ったとの連絡があった。Tracking numberが記載されていたのでFedExのサイトに入力したら配送状況が表示されたので、まずは一安心した。だが・・・・

なんだかアメリカに送られている模様。テネシー、バージニア、メリーランド等、TVや映画で聞く様なところを旅している。 サイズと重量が書かれており、どう考えても大きすぎる荷物なのでどうやらTracking numberが間違って書かれている様だ。 またまたFusionPCBに問い合わせたら、「ごめん、正しい番号はこれでした :XXXXX」てな感じで返答が来た。 仕事はアバウトだがメールのレスポンスは確実に来る。

で、今日やっと到着した。

RaspiMD001Board

やっと届いた。12枚入っている。2枚はおまけ。

RaspiMD001Board_F

開封した。こちらは部品面。

RaspiMD001Board_R

そしてこちらは半田面

ちょっとゴタついたが、CNCで切削した基板とちがって本物はなんだかカッコイイ。
問題なく使えるかどうかはこれから確かめます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


*