日本をぶらっと旅してきます。〜その4〜

20日目(8/30)

にかほ市を出発して山形県に向かいます。鳥海山を左手に見ながら酒田市の手前で左折して最上川沿いを遡ります。しかし最上川って立派な川ですねー。五月雨を集めて流れているという話もありますが、かなり集めないとこれだけの水量にはならないでしょうね。

山形県に入り、まずは垂水遺跡というところに向かいました。特に有名かどうかは知らないのですが、ネットで見ていたら蜂の巣状の珍しい岩があるとの事です。で、現地に到着しましたが、特に観光客が多いというわけでもありません。とりあえずお寺から入って遺跡に向かうルートを歩きますが、これが結構な山道でした。今年は東北も異常な高温で、こんな日に山道を登っちゃいけませんよね。行き着いたところがこんな写真の岩。なんでしたっけあの、集合体恐怖症?の人には絶えられないのではないでしょうか?

遺跡という名前がついていますが縄文とかの古さではなく、むかし山伏が修行をした所の様です。

蜂の巣状の岩はなんでこんなになったのだろうと思いますが、熊本から遥々やってきて大汗書きながら見るほどの所かは微妙でした。

その後、瓜割石庭公園に向かいました。ここは高畠石という石を切り出していた跡だそうで、音の響きからコンサート等も開かれる所だそうです。

その後仙台市内のキャンプ場に向かいました。平日なので特に予約も不要だろうと向かったのですが、本日は工事をするという事で泊まれませんでした。時間も遅いので他の近場のキャンプ場数か所に電話したのですが、いずれも前日までに予約が必要との事です。今回の旅や熊本でも、このパターンはなかったですね。仙台は予約文化なのでしょうか?

もう時間も遅いのであまり離れたキャンプ場に行くと日が暮れてからテントを貼ることになり面倒です。そこで仙台市内のビジネスホテルを取りました。しかし都会だけあってバイクを置く場所に一苦労で、ホテルには置けず、教えてもらった駐車場に電話をしたらこちらも前日までに予約が必要との事。前日予約って仙台の文化なんですかね?

まあバイクを置く場所は何とか見つかり、コインランドリーで洗濯をして、今日は久々に布団で眠る事にします。

日本をぶらっと旅してきます。〜その3〜

6日目(8/16)

いよいよ北海道でのツーリングです。私は昔よく行っていた標茶町の多和平キャンプ場を目指して今日行けるところまで行きます。

息子はというと最北端である宗谷岬に行くというので、一旦別行動です。宗谷岬まではかなり遠く、息子の250ccのバイクと一緒に125ccで走るのは辛いのです。

とはいえ私の方も日高山脈を超えるので、無理せずゆっくり行こうと思います。

日高山脈超えの途中、霧が深いなと思っていたらいつの間にか雨になっており、カッパを着た時点で既に濡れていました。

峠を超えた清水町で昼食を取りますが、小雨が止みそうにないので足寄町に宿を予約しました。しかし足寄まで走る間に雨が強くなり、こんなのだったら清水町で泊まっておけばよかったと後悔しながらも足寄町に到着。

ケチってバイク用ではないカッパを使うとやっぱりダメですね。色んなところから染み込んで全身びしょ濡れです。何処かでバイク用カッパを調達したいのですが、北海道ではなかなか店がなく、札幌あたりに行くまで我慢するしかなさそうです。

しかし宿では洗濯機を貸してもらえたので衣類は全てリフレッシュできました。

7日目

朝まで雨でした。予報を見ると多和平付近は午後も降る様なので行先を変更して美幌のキャンプ場をめざします。息子とも美幌で合流することにしました。

途中で裏摩周天望に寄っても美幌のキャンプ場には午前中に着いたので、一旦サロマ湖まで足を伸ばして戻ってきたら、息子とほぼ同時到着でした。

8日目

雨も上がったし息子と共に多和平に移動します。美幌峠を越えて屈斜路湖沿いを走り弟子屈町のnicot(ホームセンター)にて息子のバイクから脱落したネジを補充したのち、昔よく釣りをした鐺別川の様子を見に行きました。しかし川の様子がかなり変わっており、あまり釣りができそうな感じではありません(以前あった河原が護岸されてなくなっているのです。)。

取り敢えず先に進んで多和平キャンプ場に到着です。ここは25年ほど前、毎年訪れていたキャンプ場なのです。

テントを張った後、釣り道具と風呂道具を持って再び弟子屈方向に向かいます。息子がフライで釣るところを見たいというので河原の広い鐺別川を考えていましたが先程見た通りイマイチっぽいので、道端の適当な川で釣って見る事にしました。ところが持ってきたウェーダー(川に入る為の腰まである長靴)の底のフェルトが一発で剥がれてしまいました。これも古いウェーダーだからなー。明日釣具屋で調達しようと思います。結局この日はチビヤマメを一匹釣ったあと、弟子屈町で風呂に入ってキャンプに戻りました。

9日目

私は暫く多和平にテントを張りっぱなしで釣りをするつもりですが、昨日壊れたウェーダーの調達と、その他の買い物も兼ねて釧路に買い物にでます。

しかし息子は先に帰るので今日ここを出発です。途中まで一緒に走り、磯分内で別れました。

買い物のあと、昨日イマイチに目えた鐺別川で釣ってみましたが、やっぱりイマイチな結果でした。

10日目

釣りに行ったらまたすぐに雨が降り出しました。この時カッパをキャンプに置いてきてしまったのでずぶ濡れでキャンプに帰り、その後も雨が止みそうもないので小雨の間に標茶町のコインランドリーまで洗濯に出かけました。

キャンプに戻る頃に雨が止んだので、昔よく釣った西別川の虹別町の下流がどうなっているか見て回った後、虹別で風呂に入ってキャンプに戻りました。

11日目

早起きして西別川に出かけます。昨日見て回ったのですが、結局は昔よく行ったポイントから川に入ります。でもこのあたりは樹木に囲まれた寂しいところを流れているので一人で奥まで進むのが不安なんですよね。若い頃は気にしてなかったんですが。適当なところで撤収します。

そして、そろそろ多和平を出ようと思います。清里町に行く途中にもいい川があったので、そっち方面を目指します。

途中、裏摩周の展望台を眺めた後、昔よかった川へ。しかしココもだいぶ変わっており、川に降りれそうにありません。流れ自体はいい感じなんですが。

この日は清里町のキャンプ場にテントを張りました。

で…

このあたりまで書いて、旅の日程に対しブログを書くペースが全く追いついていません。

ここからは訪れた場所と宿泊地程度を記載します。後日詳細を書き足すかもしれません(多分書かないでしょう)。

12日目

層雲峡を越えて比布のグリーンパーク比布キャンプ場に宿泊。

13日目

札幌できちんとしたパイク用のカッパを購入。この日の札幌は35℃を超える猛暑日だったらしく、熊本並みの暑さでした。

千歳市 泉沢自然の森キャンプ場に宿泊。

14日目

苫小牧のコインランドリーで洗濯。

苫小牧科学センターにてミールを見学。ミールはソビエト時代の宇宙ステーションで、実物の予備機が何故かここにあるのです。

室蘭の地球岬を見て(曇って見えなかった)、その後夕立ちに降られた。

有珠町 アルトリ岬キャンプ場に宿泊。

15日目

函館から大間に渡るが、時間があったので赤レンガ倉庫を見物(パイクからも降りずに見ただけ)。

大間に渡りフェリー港からすぐ近くの大間テントサイトに宿泊。

16日目

仏ヶ浦(観光船に乗った)をみた後、恐山に行った。

東北町 町営わかさぎ公園浜台キャンプ場に宿泊。

17日目

奥入瀬川支流で少しだけ釣りをした。昼近かったので全く釣れず暑さにも負けて1時間程で撤収。奥入瀬渓流沿いに十和田湖まで走ってから久慈に向かう。コインランドリーで洗濯。

久慈市 侍浜野営場に宿泊。

18日目

朝テントの骨を入れる袋が行方不明。かなり探したが出てこないので諦めた。

朝ドラあまちゃんのロケ地を見物。

釣りは北海道をメインに考えていたし、かなり荷物になるので釣り道具を盛岡駅前郵便局から送り返した。

仙北市 田沢湖キャンプ場に宿泊。

19日目

男鹿半島の入道崎を見た。

そして…

にかほ市、飛びのくずれキャンプ場で、これを書いています。

日本をぶらっと旅してきます。〜その2〜

4日目

北海道行きのファリーに乗るため神戸から舞鶴に向かいますが、フェリーの出港が23:50につき時間はたっぷりあるので寄り道をします。

まず天の橋立。

そして伊根の舟屋。

8時頃、自分達が乗る予定のフェリーが到着。


台風7号の影響だと思うのですが舞鶴港で時間待ちをしているとだんだん天気が悪くなってきて、一番強い雨の時間にカッパを着ての乗船でした。

この日は遅い時間の出港ですが、明日はゆっくりできるので、コインランドリーで洗濯しながら息子とビールを呑み、ボケ~としてから寝ました。

5日目

夜中から船の揺れが強くなり気持ちが悪くなりそうでしたが北海道に近づくにつれて揺れも小さくなり、何とか持ちこたえる事ができました。

夜の8時45分に小樽に到着した後は予約していた宿に直行です。
ということで明日からいよいよ北海道のツーリングなのです。

本日の宿

追記

しかしスマホでブログを書くの、結構たいへんです。なかなか思った様に書けないし、PCでも正常に表示出来るかなども確かめ辛く、モタモタしている間に12日目に入ってしまい現在これを書いていますが、今はまだ北海道にいます。

日本をぶらっと旅してきます。

会社を卒業したので暫くバイクで旅に出てきます。

2023年9月末で退職ですが、ほぼ全ての年休を使ったので盆休み前日を最終出勤日とし、その翌日から旅立ちました。
乗っていくのは例のCBF125T。中古で購入した中華製激安バイクです。

予定

まず熊本から新門司港まで走ってフェリーに乗り、神戸の実家で2泊した後、舞鶴からまたフェリーで小樽に渡ります。北海道までは大学生の息子が同行しますが、その後息子は先に帰り、私だけ日本列島をゆっくりと熊本まで戻ってくる予定です。

1日目

熊本の自宅から新門司港まで走りました。125CCは高速道路には乗れないので菊池市、日田市を経由するルートです。

途中の上津江村までは以前同僚だったF島さんが同行してくれました。

新門司港に到着。

そして阪九フェリー出港。

そして神戸に到着。

神戸では中学時代の友達(実に四十数年ぶりに再会)がライブハウスで演奏するというので聞きに行ったり、中学の同窓会に参加したりで実家に2泊しています。

これから舞鶴港に向かい、北海道行きのフェリーに乗るのですが台風7号が近づいているので欠航しないか心配なんですよねー。

ところでこの投稿、スマホだけで入力しているので、こちらもちょっと心配です。

CBF125T その3 旅仕様

引き続き激安中華バイクのCBF125Tを旅仕様にしていきます。
というのも近々ロングツーリングを目論んでいるのです。

サイドバッグガード

前回、古~いサイドバッグを取り付けた事を書きました。これで大体OKなのですが、バッグがリヤサスと擦れないか心配なのでガードを作ってみました。
6mmの鉄筋を曲げ、平板に溶接してネジ穴を開けています。

後ろ側のボルトは最初からキャリアについていた穴(何の為の穴か不明ですが)を利用できたのですが、
前側を取り付ける場所がなかったのでキャリアに平板を溶接しています。

これでバッグとショックが擦れる心配が無くなりました。

ホムセン箱

サイドバッグだけではロングツーリングの荷物は積みきれません。そのため昔は防水バッグを使っていましたが既に持って無いし(たぶんボロくなって捨てたのだと思う)、最近はショップでも見かけません。
ショップにはシートバッグというのが売られていますが結構なお値段がする上にバッグ自体は防水では無く、雨の日にはレインカバーを被せる必要があるみたいです。
そこでホームセンター(ナフコ)で収納箱を買ってきて荷締めベルトで縛ったらいい感じになりました(税込み2380円)。
どうやらロングツーリング界では「ホムセン箱」と称してメジャーな方法らしいです。

固定方法については皆さん色々と工夫されている様で、私もボルト止めにするか縛り付けるか、まだ迷っています。また箱の上にも荷物を積む為に、側面にUボルトを取り付けている例も多く、これは真似してみようと思います。

タンクバッグ

頻繁に取り出すものや貴重品はタンクバッグに入れておくと便利ですが、これも昔持っていたものは既にありません。で、初めてジモティーを利用して買ってみました。近くのスーパーの駐車場に受け取りに行くとやはりツーリングをされる方が出品されていたので30分程話し込んでしまいました。
このタンクバッグ、TANAXのMFK-027というモデルで2800円で新品同様でした。

全部搭載してみる

全部搭載するとこんな感じですね。
ハンドルにスマホとGoProも取り付けてみました。
前のオーナーがUSB電源を取り付けていたので走行中に充電もできます。

だいぶ完成形に近づいてきました。
20年以上前は長期連休の旅にツーリングに出かけていましたが久々の復活を目指しているのです。

CBF125T その2 サイドバッグ

前回の続き。格安で購入したCBF125Tでツーリングするため、サイドバッグを取り付けたいと思います。

これがウチにあるサイドバッグ。昔よくツーリングしていた頃のバッグで30年ぐらい前の物です。

これ、バッグそのものは今でもしっかりしているのですが、バイクに取り付けるためのベルトがありません。 メーカーに聞いても流石にこんな古いバッグ用のベルトは無いとの回答。
そうなると作るしかありません。

手芸店で30mm幅のベルトを買ってきて、適合するバックル(NiFCOSR30)も購入。大体こんな構造だったかなという記憶を基にミシンでカタカタやりました。
そして出来たのがこれ( 所々ミシン縫いを失敗して糸がグチャッとなってますが)。

ではバッグを取り付けてみます。

良さそうですね。

次、元々付いていたレインカバーは朽ち果て捨ててしまったので、こちらも何とかする必要があります。
またまた手芸店に出向いて薄手の防水生地を購入。
水を載せてみても大丈夫です。

ところでこのサイドバッグ、荷物が増えた時に容量を増やせる仕組みになっています。
大の状態と小の状態はこんな感じ・・・

という事は大/小両サイズに対応できる様、レインカバーは絶妙なサイズに作る必要があります。これは中々難しそう。そこで一旦適当な布で作ってみてOKになったところで本番生地で作り直しました。
縫い目の裏側にはシームテープを貼りたかったのですが手元にないので、端切れをテープ状に切って接着剤(GPクリア)で貼り付けました。

一応、この状態でシャワーを掛けても浸みこまなかったのでヨシとしましょう。

折角なのでこのサイドバッグを取り付けてツーリングしたいですね。近場に無料のキャンプ場があるので行ってみました。

こんな感じで走って行って・・・

キャンプしてきました。

関係ないけどテントも古く、フライシートのシームテープが劣化して剥がれてしまいました。今回雨は降らなかったので良かったのですが、これも何とかせねば。。。

でも久々のバイクキャンプ。いいですねぇ。

CBF125T

息子の友達が4万円でバイクを売るというので購入しました。
車種はCBF125T。 新大洲本田という中国製のバイクです。

名前にはCBの文字が入っているのに形はアメリカンっぽく、シフトペダルがシーソー式なところはビジネスバイクっぽいという、どこを目指しているのかわからないバイクです。
が、125ccだと任意保険はファミリーバイク特約でカバーできて経済的なのです。

まあ中古なので色々と直したいところもあります。
マフラーは社外製の爆音なヤツに換装されていましたが、純正マフラーも付けてもらったので戻しました。

また以前乗っていたバイクはどれも足の甲でシフトアップするタイプだったので
シーソー式のシフトペダルには馴染みがないです。 また同じシーソー式でもカブの様に前を踏んでいくとシフトアップするのではなく、通常のスポーツバイクの様にニュートラルから一つ踏むと1速で後ろを踏んでシフトアップすると2速、3足と上がっていきます(4速までしかないんですけどね)。そして4速の上に1速が来る様なロータリー式ではなく、一つずつ下げていくタイプです。
なのでペダルさえ変えてやれば馴染みのシフト方法に変更できます。

という事で、Amazonで汎用シフトペダルを購入しました。

エンジンの軸に取り付ける部分と足で操作する部分とが分離しており、ペダルの長さを調整できます。

ただこのペダル、あまり評判がよくありません。というのもエンジンの軸に取り付ける部分の溶接がすぐに外れるというのです。

まあそれもそのはず。
分かりやすい様に隙間に紙を入れてみました。この様に溶接で付いている部分がほんの僅かしかなく、大半は隙間なのです。
バイクにの軸に締め付けるときに自由に動く範囲を広く取るためだと思いますが、溶接が外れてしまう様では困りますよね。

・・・とまあ、これは知った上で値段につられて購入したんですけどね。
という事で予定通り補強します。
まず一旦バイクに取り付けて、締め付けねじの締め具合を覚えておきます。

そして塗装をはがして先ほどと同じ程度にネジを締めておき、前側部分だけ溶接を盛ります(後ろ側は調整シロとして自由に動かすために溶接しない)。

相変わらずヘタクソな溶接ですが、かなり補強にはなっていると思います。

その後再塗装して取り付けました。今のところ問題なしです。

あと前のオーナーはキャリアを外していましたが、これも貰ってきて取り付けました。結構大きめのキャリアですが積載量が3Kgというのは謎です。

次、リヤウィンカーが結構出っ張っていて、更にキャリアにもウィンカーをガードする出っ張りがあります。しかしツーリング用にサイドバックをつけたいのでこれらは取っ払いたいと思います

まずキャリアの出っ張り部分はグラインダでカットし、その後さび止め塗料を塗りました。

またウィンカーも小さなものに変更し、取り付け位置も後ろにずらしました。元のウィンカーが付いていた箇所には大穴が開いてしまうのでTPUで3Dプリントしたキャップを被せています。
これでサイドバッグも取り付けられると思います。

さて、このバイクで日本一周でもするかぁ?